レジェンド羽生善治九段の楽しい一日 お茶目な動きに萌えるファンが続出「キョロキョロw」「羽生さんかわいい」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界のスーパーレジェンドながら、そのかわいらしさまで感じられるコミカルな動きに、萌えるファンが続出状態だ。将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Aリーグ第3試合、チーム羽生とチーム三浦の対戦が4月30日に放送された。この第7局の前、オーダーに悩む羽生善治九段(51)が、あっちを見たりこっちを見たりと、ころころと視線を変える様子が流れ、ファンから「羽生さんかわいい」「キョロキョロw」といった声が大量に集まった。

【動画】キョロキョロと振り向くコミカルな羽生善治九段

 羽生九段と言えばタイトル通算99期、棋戦優勝45回、七冠独占に永世七冠など、数々の大記録を打ち立て、その名を知らぬファンはいないといったほどの存在だ。人柄のよさでも有名で、各種の取材にも笑顔で丁寧に対応するほか、このABEMAトーナメントでは今回、佐藤紳哉七段(44)と中村太地七段(33)と収録したチーム動画では、インドアスカイダイビングに挑戦し、過去のプロ人生でも見せたことのないような様子も公開している。

 盤外での棋士の表情が見られることでも評判が高いこの大会だが、この試合で見られたワンシーンが、ころころと振り向きながら視線を変える羽生九段。スコア3-3のタイで大詰めを迎えた終盤で、第6局で次戦のオーダーを決めるべく戻ってくると、中村七段、佐藤七段、中村七段…というようにどちらにしようか、無言のままきょろきょろ。最終的には「中村さんで行きますか。なんとなく雰囲気で決めちゃいました」と茶目っ気たっぷりの笑顔で、中村七段に重要な一局を任せることにした。

 このきょろきょろシーンは、ファンの間でも放送直後から早速話題に。「羽生さんかわよ」「羽生さんあざとい」「キョロキョロw」と、50代のレジェンドに送られるものとは思えない、かわいらしい言葉が並んでいた。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】キョロキョロと振り向くコミカルな羽生善治九段
【動画】キョロキョロと振り向くコミカルな羽生善治九段
【動画】詰むや詰まざるやの激闘に控室では悲鳴も
【動画】詰むや詰まざるやの激闘に控室では悲鳴も