「笑ってはいけない大盤解説会」小林裕士七段&安用寺孝功七段、まさかのエステルーム解説にファン大爆笑
番組をみる »

 トップ棋士が繰り広げる激しい頭脳戦を観戦するにはプロの解説が必須だ。5月7・8日に福岡県福岡市の「アゴ-ラ福岡 山の上ホテル&スパ」で行われた名人戦七番勝負第3局では、小林裕士七段(45)と安用寺孝功七段(47)が渡辺明名人(棋王、38)と斎藤慎太郎八段(29)の熱戦をABMEAの中継で解説。「どこでも大盤解説」と題したコーナーではホテル内エステルームに大盤を持ち込んだ。シュールな状況に、ファンは「情報量の多さに笑う」「どんな絵面よw」と大笑いしていた。

【動画】「笑ってはいけない大盤解説会」場所はエステルーム!?

 大盤解説では対局者が今何を考え、どこを狙っているのか、心理描写も加えてプロが視聴者にわかりやすく表現してくれる。さらに、ABEMA将棋中継でおなじみとなった「どこでも大盤解説」は開催地近隣施設の紹介や絶景を背景にするなど、ちょっとした観光気分も味わえるとあり好評の企画となっている。

「笑ってはいけない大盤解説会」小林裕士七段&安用寺孝功七段、まさかのエステルーム解説にファン大爆笑

 今回、盤を持ち込んだのはホテル内の「ヒルトップスパ」だ。場所だけでも驚きだが、さらにエステの施術を受けていたのは宮本広志五段(36)。肩回りのコリを流す施術を受け「リラックスしていまーす」とツルツルの背中を披露した。そんな中、小林七段と安用寺七段はさっそく解説をスタート。激しい局面を迎えている対局2日目とあり、シュールな絵面とは相対するように熱い解説会となった。この様子にファンからは「笑ってはいけない大盤解説会w」「宮本先生の背中おキレイ」「気持ちよさそう」と多数のコメントが上げられた。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】「笑ってはいけない大盤解説会」場所はエステルーム!?
【動画】「笑ってはいけない大盤解説会」場所はエステルーム!?
【動画】小林七段&安用寺七段が食レポに挑戦
【動画】小林七段&安用寺七段が食レポに挑戦