エンジェルはこうして生まれていた チーム斎藤、天使の羽“生装着”にファンが反応「なんの準備やねんw」「お支度w」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 これが棋士が天使に生まれ変わる瞬間だ。将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Bリーグ第1試合、チーム糸谷とチーム斎藤の対戦が5月7日に放送された。この試合中、チーム名「シンエンジェル」であるチーム斎藤の面々が、対局を見守りながらコスプレグッズである天使の羽を装着する様子がカメラに映り、ファンが「なんの準備やねんw」「お支度w」と反応する瞬間が生まれた。

【動画】天使の羽をつけるチーム斎藤のメンバー

 チーム斎藤は、斎藤慎太郎八段(29)、木村一基九段(48)、佐々木勇気七段(27)の3人組。木村九段と佐々木七段は昨年、チーム木村(もう一人は池永天志五段)のメンバーで、チーム名「エンジェル」で準優勝した。ここに斎藤八段が加わるような形になったこと、さらに斎藤慎太郎の「慎」の字から、今年のチーム名が「シンエンジェル」になった。そうとなれば、やはり昨年ファンに大好評だった天使コスプレをやらずにはいられない。木村九段は「やりたいのは1人(佐々木七段)だけ」と笑ったが、リーダー斎藤八段も試合前にはまんざらでもなさそうな顔をしていた。

 その時が訪れたのは第1局、木村九段が相手のリーダー糸谷哲郎八段(33)に対して勝勢になった時だ。控室で観戦していた斎藤八段と佐々木七段は、おもむろに用意されていた天使の羽を装着し始めたが、初体験の斎藤八段は「これ、スーツで着用していたんですか。むずっ!ちょっと強引にやるしかないのか」と四苦八苦。一方、佐々木七段は手慣れたもので「そう」と一言だけ発すると、手際よく背中に羽をつけていた。この“生装着”シーンに、ファンからは「つけてるw」「装着シーンからw助かります笑」「なにやってんのw」と、珍しいものを見たといった反響が寄せられていた。なお、その後の対局では木村九段もしっかりと羽をつけたシーンが流れていた。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】天使の羽をつけるチーム斎藤のメンバー
【動画】天使の羽をつけるチーム斎藤のメンバー
【動画】思わず声が裏返った糸谷哲郎八段
【動画】思わず声が裏返った糸谷哲郎八段