大相撲五月場所>◇中日◇15日◇東京・両国国技館

 横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が3敗目を喫した。大相撲・夏場所の優勝争いは中日を過ぎて、まったく先が読めない展開となった。

【映像】激しい張り手の応酬に胸熱の相撲ファン

 七日目に1敗と同率首位に立った、前頭十一枚目・碧山(春日野)と前頭十二枚目・佐田の海(境川)。この日、碧山は、前頭六枚目・若元春(荒汐)に押し出しで敗れ、2敗に後退した。今場所、落ち着いた相撲を見せている佐田の海も、2敗の前頭十五枚目・一山本(放駒)に叩き込みで敗れた。

 ここまで2敗の照ノ富士は、同じく2敗の前頭四枚目・隆の勝(常盤山)に寄り切りで敗れた。同じく2敗同士の対戦となった前頭三枚目・玉鷲(片男波)と、前頭五枚目・翔猿(追手風)の一番は、玉鷲が押し出しで下し、2敗を守った。

 大関・御嶽海(出羽海)は、前頭四枚目・遠藤(追手風)を叩き込みで破り、4勝4敗。遠藤は5敗目を喫した。大関・貴景勝(常盤山)は、ここまで2敗の小結・大栄翔(追手風)を叩き込みで下し、5勝目をあげた。大関・正代(時津風)は、ここまで2敗の小結・豊昇龍(立浪)を寄り倒しで下し、2勝目をあげた。

 優勝争いを整理すると、2敗で一山本、佐田の海、碧山、玉鷲、隆の勝の5人。そして3敗力士は大勢いる。ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「優勝争いは12勝3敗のラインで落ち着いて欲しい」とコメントしていた。

(ABEMA『大相撲チャンネル』)