力士が魅せた土俵際の“華麗なターン”に館内騒然「何だ今のは!?」「決まり手はイリュージョン」視聴者も困惑
【映像】力士の“華麗なターン”に館内騒然 »

大相撲五月場所>◇中日◇15日◇東京・両国国技館

 前頭十五枚目・一山本(放駒)が、前頭十二枚目・佐田の海(境川)との一番で、軽やかな身のこなしを見せ、6勝目をあげた。勝敗が決まる場面には視聴者から「何だ今のは!?」といった声が上がっていた。

【映像】力士の“華麗なターン”に館内騒然

 立ち合い一山本は諸手突きで攻めていくが、佐田の海は上手くいなして一山本を土俵際に追い込む。すると一山本は体をくるりと回転させ、佐田の海を叩き込みで下した。一山本は6勝目、佐田の海は2敗目を喫した。

 この取組を受け、ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「佐田の海は上手くいなしてましたけど、一山本は“来る”ってわかっていましたね。感覚でわかっていて余裕があったからあのように体を回せたんですね。一山本の一本でした!」とコメントした。

 コメント欄には「達人の動き」「一山本すごいw」「華麗なターン」「決まり手はイリュージョン」といった一山本の動きを称賛する声も続々と寄せられていた。

(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】力士の“華麗なターン”に館内騒然
【映像】力士の“華麗なターン”に館内騒然