大関・正代、際どい勝負をモノにし2勝目 拍手喝采の館内「ベッタリ砂が勲章」「よかった」ファンの声
【映像】際どい勝負をモノにし館内は拍手喝采 »

大相撲五月場所>◇中日◇15日◇東京・両国国技館

 大関・正代(時津風)が、小結・豊昇龍(立浪)を寄り倒しで下し2勝目をあげた。大関の責務である優勝戦線に絡むどころか、7日目を終えて1勝と良いところ無しだった正代の勝利に、館内は拍手喝采となった。

【映像】際どい勝負をモノにし館内は拍手喝采

 立ち合い正面から当たっていった両者だったが、正代は右を差しながら一気に前に出て最後は寄り倒しで下した。正代の左肘が先についたようにも見える微妙なタイミングだったが、行司軍配は正代に上がった。豊昇龍は3敗目。

 この取組を受け、ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「完全に豊昇龍の立ち合いが失敗です。自分より高い相手に頭から当たらず、諸手突きですよね。手を先に付くことによって、脇が開く。正代は腰が高いのに、脇を開けていけば、いくら大関が勝ち星を積み重ねていなくても、上手く差して前にいきますよ」と敗因を分析していた。

 正代の勝利にコメント欄は「よかったね!すごく嬉しい!」「エンジンかかってきた」「ベッタリ砂が勲章」といった声で盛り上がりを見せたほか、「大関がこの成績で拍手とか」「エンジンかかるの遅すぎる」といった厳しい意見も届いていた。

(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】際どい勝負をモノにし館内は拍手喝采
【映像】際どい勝負をモノにし館内は拍手喝采