大谷翔平、豪快ホームラン後の萌えシーン!仲良し選手の持つ帽子に向かって頭からお茶目ジャンプ
番組をみる »

【MLB】アスレチックス-エンゼルス(5月15日・日本時間16日/オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、2試合連続の8号2ランを放った。前日のメジャー通算100号に続いて早速飛び出した一発に、ベンチでチームメイトと茶目っ気たっぷりに喜び合う様子が現地映像で映し出された。

【動画】大谷翔平はホームラン記念にお茶目なジャンプ

 エンゼルスは1回、ヒットのトラウトを一塁に置いて大谷が打席に入る。大谷はアスレチックス先発モンタスの5球目を叩くと、打球は右中間へ高く舞い上がった。そのままスタンドに飛び込んだ当たりは、今季自己最長となる飛距離約130メートルの8号に。大谷の特大アーチでエンゼルスが2点を先制した。

 ベースを一周してベンチに帰ってきた大谷をチームメイトが迎えるが、その際、マーシュが持つカウボーイハットを大谷がジャンプしてかぶる一幕があった。今季のエンゼルスは、ホームランを打った選手がベンチに戻ってくると白いカウボーイハットをかぶせて祝福する新しい“儀式”を行っている。大谷はホームランを打った際、特に仲の良い選手の一人であるマーシュとベンチで喜び合う光景がよく見られるが、最近はマーシュが大谷にカウボーイハットをかぶせるときにちょっとした遊びを行っているよう。この日も、マーシュがハットを大谷の頭より高く構え、そこに大谷がジャンプして頭を突っ込んでかぶるというシーンが見られた。

 エンゼルスは今季好調で、ここまで36試合で23勝13敗とア・リーグ西地区2位につけている。それもあってベンチの雰囲気も良好。ホームランの儀式も実に楽しげだ。大谷も開幕当初の不振を脱し“らしい”バッティングが戻ってきた。今後もこうした微笑ましいシーンが数多く見られるに違いない。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平、8号2ランを“大谷シフト”でキャッチしたファン
【動画】大谷翔平、2試合連続となる今季8号ホームラン
【動画】大谷翔平、2試合連続となる今季8号ホームラン
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW