大谷翔平、完璧な2試合連発の130メートル弾 相手エースも打球の行方を見る必要なし“確信ノールック”
番組をみる »

【MLB】アスレチックス1-4エンゼルス(5月15日・日本時間16日/オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、1回の第1打席に2試合連続となる8号2ランを放った。打球速度174.3キロ、飛距離129.5メートルという完璧な一発は、右中間スタンドの深い部分に届く豪快な一発。その快音、打球速度、角度と三拍子揃った打球に、打った本人だけでなく打たれた側もホームランを確信し、打球の行方を見もしないシーンが誕生した。

【動画】大谷翔平の完璧なホームランに振り向きもしないモンタス

 アスレチックスの先発投手はモンタス。開幕投手も務めたチームのエースではあるが、大谷とは過去の対戦成績で18打数6安打2本塁打、打率.333と打ち込まれていた。大谷にとっては好相性、モンタスにとっては天敵という2人だが、過去の数字がもろに第1打席にも影響。カウント2-1から高めのシンカーを強振すると、打球は高々と舞い上がり右中間席深くまで到達。先制の8号2ランとなった。

 打った瞬間に大谷は軽くはずみ、すでにホームランを確信していた様子だったが、オーバーフェンスを覚悟したのはモンタスも同じ。キャッチャーやファンたちが一斉に打球を目で追う中、モンタスはそのまま前を向いたまま。過去に打たれた2本もセンター方向への特大弾だったが、まさに「二度あることは三度ある」といった一発に、落下点を見届ける気にもならなかったようだ。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平、2試合連続となる今季8号ホームラン
【動画】大谷翔平、2試合連続となる今季8号ホームラン
【動画】大谷翔平はマーシュと仲良くスイングチェック
【動画】大谷翔平はマーシュと仲良くスイングチェック
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW