球審を襲った強烈な“ワンツーパンチ”でKO 途中交代で審判3人制のスクランブル状態「倒れ方やばい」「お大事に」との声も
番組をみる »

【MLB】アスレチックス1-4エンゼルス(5月15日・日本時間16日/オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、球審が強烈な打球を顔に受けその場に倒れるアクシデントがあった。さらに、次の回にはワンバウンドした投球が同審判を直撃。結局球審は試合を退き、二塁塁審が球審に入るスクランブルで試合が続行された。

【動画】ボールを顔面に受けて倒れ込む球審

 2-1とエンゼルスの1点リードで迎えた6回、アスレチックスの攻撃中にアクシデントは起こった。2死走者なしで打席に入った8番スミスは、エンゼルスのサンドバルが投じた高めの95マイルのボールをフルスイングする。打球はクリーンヒットせず後方に飛ぶファールとなったが、その打球が球審の顎付近を直撃。球審はその場に崩れるように倒れこんでしまった。

 しばらくうずくまっていた球審は、立ち上がってからもしばらくメディカルチェックを受ける。配信をしていたABEMAの視聴者からも「これは心配やな、、、」「無理したらアカンで球審さん。」「だいじょぶか?」「倒れ方やばい」と心配する声が上がる状況だったが、数分間の中断後、なんとか球審は再びマスクを被り試合続行となった。

 ところが続く7回のエンゼルスの攻撃で、今度はアスレチックスの2番手ジャクソンの投球がすっぽ抜け、地面に叩きつけられたボールをキャッチャーが捕れずに球審の顔付近を直撃。球審は衝撃をこらえるように上を向き、またも試合は中断した。

 その後球審はベンチ裏に下がると、結局そのまま途中交代することに。二塁塁審が球審を務め、予備審判が入ることなく塁審は2人になるという審判3人体制での試合再開となった。これには視聴者からも「ちゃんと診察してもらった方がいい」「お大事に」といった声や、「球審かわるのはじめてみた」「交代あるんだ!」「球審の交代がどう影響するのか」など滅多にない展開に驚く声が上がっていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平、2試合連続となる今季8号ホームラン
【動画】大谷翔平、2試合連続となる今季8号ホームラン
【動画】大谷翔平はマーシュと仲良くスイングチェック
【動画】大谷翔平はマーシュと仲良くスイングチェック
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW