つっかけちゃダメだ 立ち合いで必死に堪える力士がピクピク あえなく“待った”で「すいません」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十一日目◇18日◇東京・両国国技館

 前頭十枚目・隠岐の海(八角)と前頭十六枚目・翠富士(伊勢ヶ濱)の一番で、翠富士が必死に立ち合いのタイミングを合わせようとするも、堪えきれずにつっかけてしまう一幕があった。

【動画】必死に耐えてピクピクする翠富士

 制限時間いっぱいとなり、仕切り線に立った両者。先に腰を下ろした翠富士が手をついて構えると、隠岐の海と呼吸を合わせようとじっと見合う格好に。だが臀部をピクピクと動かした翠富士はタイミングを合わせることができず、堪えきれずにつっかけてしまった。立ち合い“待った”となり、翠富士は隠岐の海と正面審判に一礼して謝罪した。

 2度目の立ち合いは成立し、正面から当たった翠富士は素早く叩く動作を見せつつ、まわしを取ろうと画策。だが隠岐の海に両腕を極められてしまい、土俵際で必死に粘るも最後は極め出しで黒星を喫した。手に汗握る土俵際の攻防戦に、館内は大いに湧き上がっていた。敗れた翠富士は5敗目。一方、勝った隠岐の海は5勝目を挙げた。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・安美錦の安治川親方は「隠岐の海は上手く取りましたね」と称賛。さらに自身の現役時代を振り返りつつ「(隠岐の海とは)勝ったり負けたり。なかなか崩すのが難しい力士でしたね」と語った。

 立ち合いで必死にタイミングを合わせようとする翠富士の姿に、ファンからは「翠富士かわいい」「がんばれー」といった声が寄せられたほか、隠岐の海に敗れると「極められちゃった」「肩透かし封じ」「こうなったらしゃあない」といったコメントも相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】元安美錦、驚きの断髪式プラン
【動画】元安美錦、驚きの断髪式プラン
【動画】必死に耐えてピクピクする翠富士
【動画】必死に耐えてピクピクする翠富士
【動画】落下に備える土俵下の人々によるウェーブ
【動画】落下に備える土俵下の人々によるウェーブ