頭からつま先までピーン 土俵際の粘りが生んだ珍モーションが話題に「棒だw」「優しい倒れ方」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十一日目◇18日◇東京・両国国技館

 前頭八枚目・照強(伊勢ヶ濱)が前頭十二枚目・妙義龍(境川)を寄り切りで下して4勝目を挙げた。勝った際に照強は全身がピンと伸びるような珍しい格好になり、視聴者からは「棒だw」「優しい倒れ方」といった声が寄せられた。

【動画】照強の全身がピンと伸びた瞬間

 立ち合い右に変化し、頭を下げて潜っていった照強。すぐに右下手をつかむと、引いて落とそうとする妙義龍に食らいつき、最後は土俵際で寄り切りを決めて4勝目となる勝ち星を挙げた。照強は勝った際、土俵際で全身をピンと伸ばして横に倒れた状態になっていた。際どい勝負に客席はざわつき、照強が勝ち名乗りを受けると場内には大きな拍手が響きわたった。敗れた妙義龍は6敗目を喫した。

 トリッキーな動きで辛くも白星を手にした照強の取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・安美錦の安治川親方は「いつものような潜っていく立ち合い。妙義龍は嫌がって少し体を開いて出し投げにいきましたね。そこを上手くついていった」と説明。7敗を守って今場所勝ち越しの望みをつないだ照強に、「こうやって我慢して相撲を取っていくしかない」とエールを送った。

 勝った際に土俵際で小さな体を目一杯に伸ばした照強の姿に、視聴者からは「棒だw」「優しい倒れ方」「滑った?」「足ピーン」といったコメントが相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】照強の全身がピンと伸びた瞬間
【動画】照強の全身がピンと伸びた瞬間
【動画】宇良のウキウキバックステップ
【動画】宇良のウキウキバックステップ