巨漢を正面から寄り切り 宇良“喜びのバックステップ”にファンも拍手「ノリノリやで」「かわいいw」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十一日目◇18日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・宇良(木瀬)が前頭十一枚目・碧山(春日野)を寄り切りで下し、今場所勝ち越しとなる8勝目を挙げた。勝負が決した後、宇良は軽やかなバックステップを披露し、ファンからは「ノリノリやで」「かわいいw」といった声が寄せられた。

【動画】宇良のウキウキバックステップ

 立ち合いふわりと起き上がった碧山に対し、飛び込んで両手を差した宇良。抱え込んで極めようとしてくる相手に屈しない宇良は、そのまま力強く前進、182キロの巨体を一気に寄り切って8勝目となる勝ち星を挙げた。勝負が決した直後、宇良はトコトコと後ろ歩きをしながら仕切り線へと戻っていった。敗れた碧山は4敗目を喫した。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・安美錦の安治川親方は「いい相撲でしたね」と一言。続けて「(宇良は)すっと入りましたね。碧山は中に入ってくる動きを見ながらという立ち合いになってしまったので、宇良はそこを上手く入っていきました」と解説した。さらに安治川親方は「極められないようにしっかりと肘を張って、腕を突き上げて」「技というよりは力強さが出てきた」と宇良を称賛した。

 勝ち越しを決めた後に華麗なバックステップを披露した宇良の姿に、ファンからは「テテテテと下がる」「うしろダッシュ」「宇良の下がり方かわいいw」「宇良のバックステップもノリノリやで」「戻り方 可愛いな」といったコメントが続々と寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】照強の全身がピンと伸びた瞬間
【動画】照強の全身がピンと伸びた瞬間
【動画】宇良のウキウキバックステップ
【動画】宇良のウキウキバックステップ