照強、必死の粘りで“土俵内1周”もあえなく撃沈 視聴者「おいかけっこやん」「一人メリーゴーランドw」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十二日目◇19日◇東京・両国国技館

 前頭十七枚目・荒篤山(荒汐)が前頭八枚目・照強(伊勢ヶ濱)を突き倒しで下した一番で、照強が必死に粘って土俵内を逃げ回るように1周。この光景に視聴者から「おいかけっこやん」「一人メリーゴーランドw」といった声が寄せられた。

【動画】必死に土俵内を回る照強

 立ち合い前みつを取ろうと下から攻めた照強。だが荒篤山の激しい攻めに突き放されると、逃げるように後退しながら土俵内をぐるりと1周する展開に。照強は必死に粘ったものの、前に出続ける荒篤山に押され、最後は突き倒されて今場所負け越しとなる8敗目を喫した。勝った荒篤山は2勝目を挙げた。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・豊ノ島の井筒親方は「(立ち合いで)前みつが取れなかった」と照強の敗因を指摘。続けて「荒篤山が休まずに一気に圧力をかけていったことがよかったですね」と語った。

 土俵内を1周して必死に粘るもあえなく黒星を喫した照強の姿に、視聴者からは「おいかけっこやん」「一人メリーゴーランドw」「逃げきれんかった」といった声が相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】相次いで席に飛び込む力士と驚く観客
【動画】相次いで席に飛び込む力士と驚く観客
【動画】照強が大量の塩をまく瞬間
【動画】照強が大量の塩をまく瞬間
【動画】必死に土俵内を回る照強
【動画】必死に土俵内を回る照強