ド迫力の正面衝突が一番で5度も 館内に響き渡る衝撃音にどよめき「今日一の迫力」「すげーぶつかり合い」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十二日目◇19日◇東京・両国国技館

 前頭三枚目・北勝富士(八角)と前頭四枚目・遠藤(追手風)が大迫力のぶつかり合いを繰り広げた。館内には衝撃音が響きわたり、ファンも「今日一の迫力」「すげーぶつかり合い」と盛り上がっていた。

【動画】ゴツン、ゴツンとぶつかる両者の頭

 遠藤がつっかけて立ち合い不成立となった後、2度目の立ち合いで鋭くぶつかり合った両者。その後も繰り返し計5回にわたって激しくぶつかり合い、館内に「バチン」という衝撃音が響くと客席からはどよめきと歓声が沸き起こった。両者白熱した攻防戦を繰り広げたが、最後は機を見て引いた遠藤が相手のバランスを崩し、前のめりになった北勝富士の背後を取って送り出しを決めた。勝った遠藤は5勝目を挙げて7敗を守り、今場所勝ち越しへの望みを明日以降につなげた。一方、敗れた北勝富士は9敗目を喫した。

 取組終了後に出血が見られるほど激しいぶつかり合いを繰り広げた両者。この一番に、ABEMAで実況を務めた田中大貴アナウンサーも思わず「顔同士が何度もぶつかりましたね。ものすごい迫力でした」とコメント。同じく解説を務めた元関脇・豊ノ島の井筒親方は「遠藤がよく相手の動きを見て上手く捌いた取組でしたね」と語っていた。

 大迫力の荒々しいぶつかり合いに、視聴者からも「ガチで当たった」「すっごい当たり」「切れがある」「すげーぶつかり合いやな」「今日一の迫力」と興奮気味のコメントが相次いで寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】ゴツン、ゴツンとぶつかる両者の頭
【動画】ゴツン、ゴツンとぶつかる両者の頭
【動画】1人で立ち合いとなりぽつんとする遠藤
【動画】1人で立ち合いとなりぽつんとする遠藤