「あれ、自分だけ?」イケメン力士、1人だけポツンと立ち合い「おっとっと」「コンビニ行こーかなーくらい」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十二日目◇19日◇東京・両国国技館

 前頭三枚目・北勝富士(八角)と前頭四枚目・遠藤(追手風)の一番で、立ち合い呼吸が合わず遠藤が先にふわりと立ち上がってしまうコミカルな一幕があった。土俵で立ち尽くす遠藤の姿に、視聴者からは「おっとっと」「コンビニ行こーかなーくらいの感じで立った」といった声が寄せられた。

【動画】1人で立ち合いとなりぽつんとする遠藤

 制限時間いっぱいとなり、仕切り線で構えてじっくりと見合った両者。だがタイミングが合わず、遠藤が1人だけ先にふわりと立ち上がってしまい、立ち合い不成立に。張り詰めた緊張感が一瞬途切れるように館内にはため息が漏れ、ABEMAで実況を務めた田中大貴アナウンサーも「呼吸が合いません」とコメントした。

 田中アナが「もう一度ここで集中し直すのは難しいものですか?」と問いかけると、同じくABEMAで解説を務めた元関脇・豊ノ島の井筒親方は「自分は現役時代、“待った”の後の勝率がよくなかったですね」と告白した。

 2度目の立ち合いは成立し、激しいぶつかり合いを繰り広げた両者。最後は遠藤が送り出しで北勝富士を下し、5勝目となる勝ち星を挙げた。敗れた北勝富士は9敗目を喫した。

 1度目の立ち合いでふわりと立ち上がってしまった遠藤のコミカルな動きに、視聴者からは「あわない」「おっとっと」「コンビニ行こーかなーくらいの感じで立った」といった声が相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】ゴツン、ゴツンとぶつかる両者の頭
【動画】ゴツン、ゴツンとぶつかる両者の頭
【動画】1人で立ち合いとなりぽつんとする遠藤
【動画】1人で立ち合いとなりぽつんとする遠藤