見たこともない立ち合い“移動”に粘りの空中1回転「宇良劇場」に館内は笑いと興奮のるつぼ「ファンタジスタだなぁ」
番組をみる »

大相撲五月場所>◇十二日目◇19日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・宇良(木瀬)が大関・貴景勝(常盤山)を突き落としで下した一番で、立ち合いの際に宇良がじりじりと移動して客席の笑いを誘い、その後の取組では抜群の身体能力で逆転勝利。館内を大いに沸かせ、視聴者からも「こんなの初めて見た」「ファンタジスタだなぁ」といった声が相次いだ。

【動画】クルッと体を回転させて宙を舞う宇良

 立ち合い仕切り線から大きく下がって構えた宇良。これを受けて貴景勝も1歩、2歩と下がると、今度は宇良がじりじりと前進して仕切り線に近づいた。立ち合いでの珍しいシーンに館内からは笑いが巻き起こった。

 その後の取組では立ち合いゆっくりぶつかると、貴景勝がのど輪で厳しい攻めを展開。防戦一方の宇良だったが、土俵際でタイミングよく引いて回り込むと、バランスを崩しながらもなんとか持ちこたえようと奮闘、辛くも貴景勝を突き落とした直後に土俵上に転がってすぐに起き上がった。同体ではないかと物言いがついたが、貴景勝の足が先に出ており、行司軍配通り宇良が9勝目を挙げた。敗れた貴景勝は6敗目を喫した。

 身体能力の高さを活かして逆転勝利を果たした宇良に、ABEMAで実況を務めた田中大貴アナウンサーは「あれだけ土俵上で宙に舞うのは珍しいですね。宇良が最後、1回転、2回転しました」とコメント。同じく解説を務めた元関脇・豊ノ島の井筒親方も「やっぱり運動神経がいいんですね。あんなにパッと起き上がる力士ってなかなかいないですから」と称賛の声を送った。

 立ち合いでじりじりと移動した珍しい光景に、視聴者からは「なんだなんだ」「前行ったww」「駆け引き中」「おもろい」といった声が寄せられたほか、アクロバティックな動きで逆転勝利した宇良に「さすがの運動神経!」「こんなの初めて見た」「サーカス?」「ファンタジスタだなぁ」とコメントするファンも相次いでいた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】目まぐるしく動き回る翔猿
【動画】目まぐるしく動き回る翔猿
【動画】クルッと体を回転させて宙を舞う宇良
【動画】クルッと体を回転させて宙を舞う宇良
【動画】すぐに起き上がり顔でアピールする宇良
【動画】すぐに起き上がり顔でアピールする宇良