斎藤慎太郎八段スタンス変えず持ち時間投入 渡辺名人との消費時間差広がる/将棋・名人戦七番勝負第4局
番組をみる »

 将棋渡辺明名人(棋王、38)に斎藤慎太郎八段(29)が挑戦する第80期名人戦七番勝負第4局が5月20日、山口県山口市の「山水園」で2日目の対局が行われている。正午、昼食休憩の時間を迎えた。斎藤八段が大量に考慮時間を投入し渡辺名人との時間差が拡大。2勝目を目指す挑戦者がどこでギアチェンジをするかに注目が集まっている。

【中継】名人戦七番勝負第四局2日目 渡辺明名人対斎藤慎太郎八段

 斎藤八段は1日目からたっぷり時間を投入。封じ手の65手目にも1時間6分を費やした。2日目午前9時頃、立会人の桐山清澄九段(74)が開封した封じ手は、名人の飛車の動きを制約する香車の一手。渡辺名人はすぐに飛車を逃げて応じた。2日目も斎藤八段はスタンスを変えず考慮時間を重ね、馬を切った時点での持ち時間の差は3時間12分と倍以上の差があった。午後の対局では斎藤八段のタイムマネジメントと、渡辺名人がどこから突き放しにかかるかがポイントとなる。

 持ち時間は各9時間。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。 

【午前のおやつの注文】

斎藤慎太郎八段 フルーツ盛、緑茶
渡辺明名人 ガトーショコラ、アイスコーヒー

【昼食の注文】

斎藤慎太郎八段 鹿野高原豚カツカレー
渡辺明名人 ハンバーグ御膳

【昼食休憩時の残り持ち時間】

▲斎藤慎太郎八段 2時間14分(消費6時間46分)
△渡辺明名人 4時間59分(消費4時間1分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)