際どい勝負に館内騒然も「行司よく見てた!」称賛の声 白熱の取組に物言いも低姿勢でしっかり確認
【映像】際どい勝負に「行司よく見てた!」称賛の声 »

大相撲五月場所>◇十四日目◇21日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・若元春(荒汐)が、前頭十五枚目・一山本(放駒)をうっちゃりで下した一番は、際どい勝負に物言いがついたが、行司軍配どおり、若元春が9勝目となる勝ち星を挙げた。視聴者からは「行司よく見てた!」「やっぱり、プロはよく見てるな」といった行司に対する称賛の声が寄せられていた。

【映像】際どい勝負に「行司よく見てた!」称賛の声

 立ち合い、正面から当たっていった一山本は強烈なのど輪を徹底するも、土俵際で若元春に残られる。そこから若元春は右下手を深く取り、勝負を決めようと、うっちゃりを繰り出した。際どい勝負に物言いがついたが、協議後の場内説明は「ただいまの協議は一山本の足が先に出たかどうかの確認であり、先に出ていました。軍配通り若元春の勝ちと致します」といった内容。一山本は6敗目を喫した。

 ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「まわしの位置が若元春の方が下だったので、うっちゃれたんですね。一山本が両差しされてても、まわしが下でちょっと前に出せばここまでうっちゃられなかったでしょう。一山本の足が長いのがハンデとなってしまった」と敗因を分析していた。

 元若乃花の解説を受け視聴者からは「なるほど」「敗因:足の長さ」といった声が寄せられた。また、行司軍配どおりの勝敗結果がアナウンスされると、視聴者からは「行司よく見てた!」「やっぱり、プロはよく見てるな」といったコメントが到着していた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】際どい勝負に「行司よく見てた!」称賛の声
【映像】際どい勝負に「行司よく見てた!」称賛の声