「どうした!?」「大丈夫?」力士が突然土俵に倒れ込み視聴者困惑 元若乃花“呼吸ができない”解説に合点「なるほど」「極め技だったのか」
【映像】視聴者が困惑した突然土俵に倒れ込む瞬間 »

大相撲五月場所>◇千秋楽◇22日◇東京・両国国技館

 前頭二枚目・霧馬山(陸奥)が、小結・豊昇龍(立浪)を上手捻りで下した一番では、豊昇龍の突然の失速に、「どうした?」と相撲ファンが困惑する場面があった。しかし、実況席に座った元横綱・若乃花の花田虎上氏の解説を受け「なるほど」「極め技だったのか」と、多くの視聴者が敗因を理解した様子だった。

【映像】視聴者が困惑した突然土俵に倒れ込む瞬間

 立ち合い正面から当たっていった両力士はまわしを取りにいく。豊昇龍は相手に頭をつけたが、霧馬山は抱え込んで対応。少しの間、膠着状態が続いたが、豊昇龍は苦しい表情を浮かべながら突如、土俵へと倒れ込んだ。決まり手は上手捻り。霧馬山は10勝目をあげ、豊昇龍は7敗目を喫した。

 豊昇龍の負け方に視聴者からは「どうした!?」「大丈夫?」といった心配する声が寄せられていたが、ABEMAで解説を務めた花田氏は「霧馬山が抱え込んだ時点で、首がきまっちゃってるんです。関節技ですね。あまり呼吸をさせなかったので、最後、豊昇龍は苦しくなってしまって(倒れ込んだ)。なんといっても呼吸ができない状態ですからね」と状況を説明。これを受け、視聴者からは「解説わかりやすい」「お兄ちゃんの解説最高に良かった」といった声が続々と寄せられていた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】視聴者が困惑した突然土俵に倒れ込む瞬間
【映像】視聴者が困惑した突然土俵に倒れ込む瞬間