“ごめん、ごめん”立ち合い不成立の場面で力士が目を見て一礼 「いい人そうw」心和らぐ相撲ファン
【映像】“ごめん、ごめん”立ち合い不成立で力士が目を見て一礼 »

大相撲五月場所>◇千秋楽◇22日◇東京・両国国技館

 前頭十枚目・錦木(伊勢ノ海)と、前頭十三枚目・千代大龍(九重)の一番で、立ち合い不成立となった際、お互いが見つめ合いながら礼儀正しく一礼。その様子に相撲ファンが「いい人そうw」「まだよまだ」とほっこりする一幕があった。

【映像】“ごめん、ごめん”立ち合い不成立で力士が目を見て一礼

 制限時間いっぱいとなり、蹲踞の姿勢を取った両者。1度目の立ち合いでタイミングが合わず、千代大龍が突っかけるような格好となった。すると、両力士は近距離でお互いの目を見つつ、“ごめん、ごめん”と言わんばかりに手を添えながら一礼。その後、揃って正面審判にも一礼した。

 2度目の立ち合いは成立し、前へと押していく千代大龍だったが、錦木に弾かれ、寄り切りで敗れた。千代大龍は7敗目、錦木は勝ち越しを決めた。ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「錦木は押しこまれたんですけど、よく残りました。下半身低く、押されても前に出ていってますよね。今日の千代大龍は成す術なくといった感じでした」とコメントした。

 錦木の勝ち越しを受け、相撲ファンからは「何とか勝ち越せてよかった~」「錦木関おめでとう!」といった祝福の声もネット上に寄せられていた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】“ごめん、ごめん”立ち合い不成立で力士が目を見て一礼
【映像】“ごめん、ごめん”立ち合い不成立で力士が目を見て一礼