「これは見惚れる」「よく取った!」大谷翔平の同僚が180度開脚キャッチ 地元ファンからも大歓声
番組をみる »

 【MLB】エンゼルス5-3レンジャーズ(5月24日・日本時間25日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場。4打席に立ち第1打席から空振り三振、死球、四球、ライトフライで2打数無安打だった。5-0で迎えた7回、レンジャーズの4番カルフーンが放った強烈なピッチャーゴロを、エンゼルス先発のシンダーガード、セカンドのレンヒーフォ、ファーストのウォルシュがそれぞれ好守備を見せて1-4-3のダブルプレー。中でもウォルシュが目一杯に足を開いた「180度開脚キャッチ」がファンの目を引き「良いプレー!よく取った!」「これは見惚れる…最高!」と絶賛のコメントが寄せられた。

【動画】ウォルシュの180度開脚キャッチ

 投手と内野手の完璧チームプレーにファンが沸いた。7回レンジャーズの攻撃は、無死走者一塁で4番カルフーンが痛烈なピッチャーゴロ。マウンド上のシンダーガードは膝を折り曲げ冷静にキャッチすると、一度球をバウンドさせて二塁に送球。レンヒーフォが一塁に送るとウォルシュは180度開脚して捕球してダブルプレーに仕留めた。この完璧なチームワークに地元ファンからは大歓声が上がっていた。

 これには解説を務めたAKI猪瀬氏も「シンダーガードは意図してワンバウンド送球していますね。それをレンヒーフォがしっかり処理できました。素晴らしいダブルプレーです」と興奮。視聴者からは、思い切り足を開いて低い送球を拾い上げたウォルシュについて「ウォルシュの柔軟性すごい」「ウォルシュの開脚凄い!!!」といった声が集まっていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】ウォルシュの180度開脚キャッチ
【動画】ウォルシュの180度開脚キャッチ