大谷翔平、三塁回ったところでバランス崩し「あわやコケ谷」 無事ホームインも照れ笑い
番組をみる »

【MLB】エンゼルス-レンジャーズ(5月25日・日本時間26日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手がレンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。1回に出塁後、レンドンのタイムリーヒットで同点のホームを踏んだが、大谷が三塁ベースを回った際にバランスを崩して転びそうにになったシーンが話題になっている。

【映像】大谷、あわや“コケ谷”もなんとかこらえホームイン

 0-1とエンゼルスが1点の先制を許し迎えた1回裏、大谷は四球で出塁すると今シーズン7個目となる盗塁に成功する。2死二塁の場面で打席にはレンドン。カウント1-1からレンジャーズ先発オットーの3球目を捉えた当たりはレフトへのヒットとなり、大谷が三塁を回った。しかし次の瞬間、足を滑らせたのか大谷が大きくバランスを崩してしまう。危うく転びそうになるもなんとかこらえ、体勢を整えホームに向かうと、バックホームが逸れたことも幸いし同点のホームイン。大谷はきまり悪そうに苦笑を浮かべていた。

 ABEMAで解説を務めたAKI猪瀬氏が「いいボールが返ってきていればおそらくアウトだったのかな」と語ったシーンに、視聴者からも「コケ谷」「危なかったw」「ラッキーラン」「ドジ谷」「大谷持ってた」とイジる声や、「足大丈夫か?」「怪我しないでね」など足を心配する声が多く見られた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【映像】大谷、あわや“コケ谷”もなんとかこらえホームイン
【映像】大谷、あわや“コケ谷”もなんとかこらえホームイン
SPOTV NOW
SPOTV NOW
独占生中継!MLBなど世界のトップスポーツをいつでもどこでも視聴可能!
SPOTV NOW