渡辺明棋王、つば九郎登場に「本当にびっくり」名人防衛から一夜明けで棋王就位式に出席

  将棋渡辺明棋王(名人、38)が5月30日、10連覇を達成した第47期棋王戦の就位式に出席した。日本将棋連盟の佐藤康光会長(52)から就位状が贈られたほか、副賞のプレゼンターとして渡辺棋王が大ファンのプロ野球東京ヤクルトスワローズから「つば九郎」がサプライズで来場。神宮球場の年間ペアシート券をプレゼントされ満面の笑みを見せた。

【動画】渡辺明棋王 10連覇達成の瞬間

 有観客就位式に笑顔が映えた。2月から3月にかけて行われた棋王戦五番勝負では、3勝1敗で永瀬拓矢王座(29)の挑戦を退けた。冬季の熱戦を「競った将棋が多く、特に第1局、第4局はどっちが勝つかわからない内容だった。際どいところを勝つことができたのが、この防衛に繋がったと思う。大変うれしい」と振り返り、出席したファンに直接その喜びを報告した。

 この勝利で棋王戦10連覇を達成。同一棋戦の2ケタ連覇は大山康晴十五世名人、羽生善治九段に続く3人目の快挙となった。「大台に乗せることができて感慨深い。この間には将棋界にAIが入ってくるなど技術的な変化があり対応を迫られた。その中でも、永世棋王の資格を獲得できたこと、負ければ無冠という危機から防衛することができて、その後の巻き返しにつなげることが出来たのが印象深い。良い時も悪い時も、この棋王というタイトルとともに歩んでこれた。大変愛着のあるタイトル」と感慨深げに話した。

 就位式はサプライズの連続だった。渡辺棋王には就位状のほか、大ファンのプロ野球東京ヤクルトスワローズから「つば九郎」がサプライズで登場。神宮球場の年間ペアシート券を贈呈したほか、高津臣吾監督から託されたビデオメッセージも披露された。さらにサプライズは続き、渡辺棋王が自身もプレーを楽しむカーリング界から、日本選手権を2年ぶりに制覇したばかりのロコ・ソラーレからも祝福の品として、サイン入り色紙とチームマスコットのあざらしのキャラクター「とっかりくん」が贈られた。プレゼント尽くしとなった渡辺棋王は「私が知っていたのは年間シートを頂けるということだけだったので、本当にびっくりしました!年間シートは早速6月から使います!」と大喜びの様子だった。

 棋王戦は、新たな挑戦者を決めるべく予選が進行中。5月27日には里見香奈女流四冠が本戦トーナメント進出を決め、将棋界にとって新たな歴史の扉が開いた。渡辺棋王への挑戦権にはまだたくさんの関門があるが、「戦績もさることながら、改めて相手を見ると本当にすごいメンバーに勝っているなと思いました」と驚きの表情を見せていた。

【動画】渡辺明棋王 10連覇達成の瞬間
【動画】渡辺明棋王 10連覇達成の瞬間