開幕戦を制するのはどっちだ 永瀬拓矢王座VS豊島将之九段 対局開始/将棋・順位戦A級
番組をみる »

  将棋の順位戦A級開幕局が6月9日に行われ、永瀬拓矢王座(29)と豊島将之九段(32)が午前10時から対局を開始した。順位戦A級は10人が参加する総当たりのリーグ戦。成績最上位者が渡辺明名人(棋王、38)への挑戦権を得る。今期から藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)も参戦することから、挑戦権争いがさらに激化すると見られている。

【中継】順位戦A級1回戦 永瀬拓矢王座VS豊島将之九段

 永瀬王座は2009年10月に四段昇段。竜王戦1組(1組:5期)、順位戦A級(A級:2期)。タイトルは叡王1期、王座3期の計4期で、棋戦優勝は2回。現在、棋聖戦五番勝負で藤井棋聖に挑戦中。将棋に対するストイックな姿勢から「軍曹」と呼ばれ、研究量ではプロの中でも1、2を争うと言われている。今期はA級2期目。初参加だった前期は5勝4敗で勝ち越した。

 豊島九段は、2007年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組以上:9期)、順位戦A級(A級以上:6期)。タイトルは通算6期、棋戦優勝は5回。6月28日開幕の王位戦七番勝負で藤井王位への挑戦が決まっている。2019年の名人1期を含め、今期はA級6期目。前期は5勝4敗だった。

 永瀬王座と豊島九段と言えば、第5期の叡王戦七番勝負で持将棋2局、千日手1局を含むフルセット、都合10局という大熱戦を繰り広げたことも記憶に新しい。両者の対戦成績は9勝9敗2持将棋とまったくの五分。ともにタイトル戦挑戦中と好調を保っており、この順位戦A級開幕戦ではどのような戦いが繰り広げられるかに注目が集まっている。

 持ち時間は各6時間で、先手は永瀬王座。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第81期 順位戦 A級 1回戦 永瀬拓矢王座 対 豊島将之九段
第81期 順位戦 A級 1回戦 永瀬拓矢王座 対 豊島将之九段
【動画】渡辺明名人 3連覇達成の一局
【動画】渡辺明名人 3連覇達成の一局