大谷翔平、球審に「え、外れてる?」不満気も直後に仲直り 「笑顔で確認」「流石の人間力」視聴者ほっと一安心
【映像】笑顔で球審に「確認&仲直り」する大谷翔平 »

【MLB】マリナーズ-エンゼルス(6月16日・日本時間17日/シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場した試合で、球審のストライク・ボールの判定に苦慮した大谷が直後に球審とコミュニケーションを取り笑顔を見せたシーンが話題となった。

【映像】笑顔で球審に「確認&仲直り」する大谷翔平

 前回登板では7回1失点の好投でチームの連敗を14で止めた大谷が、5勝目を懸け今季11度目の投打二刀流マウンドに上がった。その初回、大谷は簡単に2アウトを取った後、3番ウィンカーも2ストライクと追い込む。3球目、この日調子がいいスライダーが内角に決まったかに見えたが、球審の判定はボール。大谷もストライクを確信したようにマウンドを下りかけ、ABEMAで解説を努めた紀田彰一氏も「ストライク取ってもいいんじゃないかというボールでした。三振を取りにいった投球でしたね」とコメントした。さらに6球目、今度は低めに決まったように見えたスライダーをボールと判定され四球となり、大谷は苦笑い。紀田氏も「あそこはその前のボールよりもストライク取ってほしいところですけどね」と残念そうに語った。

 その後、5番ローリーの打席でも外から入るスライダーをボールと判定されると、紀田氏は「今日ちょっと審判のストライクゾーンもどうなのかなというのもありますけど」と思わず苦言を呈する。結局ローリーをファーストゴロに打ち取った大谷だが、ベンチに戻る途中に球審に近づき、何か話しかける様子が現地中継に捉えられた。大谷は球審と時間をかけてコミュニケーションを取ると、最後に笑顔を見せた。おそらく投球に関して話していたであろうと思われるこの様子に、ABEMAのコメント欄では「ああ言う確認は大事」「ちゃんと聞いてて偉い」「いいコミュニケーションだな」といった声が上がる。また、笑顔を見せた大谷に「仲良し谷」「大谷出来た子」「流石の人間力」「審判と仲良し」といったコメントも多く見られた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】笑顔で球審に「確認&仲直り」する大谷翔平
【映像】笑顔で球審に「確認&仲直り」する大谷翔平
SPOTV NOW
SPOTV NOW