“ほとんどエラー”の内野安打でノーヒットノーランが消える 球場は大ブーイング、ファンも賛否飛び交う「どう見てもエラー」「仕方ない」
番組をみる »

【MLB】マリナーズ8-1エンゼルス(6月17日・日本時間18日/シアトル)

 大谷翔平投手が4試合ぶりのベンチスタートとなった試合で、マリナーズの先発レイが7回途中までノーヒットノーランの快投を続けた。ところが2死から自分に向かって勢いはないが高く弾んだゴロに手を伸ばしたものの、グラブに収めることができず、記録は内野安打に。この記録に、快挙達成を望んでいた球場のマリナーズファンからは大ブーイング。中継を見ていた日本のファンからも「どう見てもエラー」「内野安打でも仕方ない」と賛否両論が飛び交うことになった。

【動画】これが内野安打?球場から大ブーイングが起きた微妙なプレー

 昨季、サイ・ヤング賞にも輝いた好投手レイは1回こそ制球に苦しんだものの、尻上がりに調子を上げ、2回からは毎回のように三振を奪う会心の内容。4回2死からは4者連続三振と、エンジン全開となっていた。

 6回までノーヒットノーランを継続し、いよいよ球場のファンからも大記録達成の雰囲気を感じ始めたところ、問題のシーンは7回に起きた。簡単に2アウトを取った後、迎えた打者はエンゼルス・スタッシ。カウント2-1から外角低めに投じたシンカーにスタッシが反応すると、打球はマウンドの前で大きく弾むゴロ。ただ勢いはなくレイも手を伸ばせば捕球できるとジャンプをしなかった。

 ところが予想以上にバウンドが高かったのか、グラブにしっかり収めることができず、打球はそのままマウンド後方で弾むことに。思わずレイも頭を抱えると、スタッシは難なく一塁ベースを駆け抜けた。

 見た目には完全なピッチャーゴロで、レイが全力で捕りに行けばキャッチできていたところ。ヒットとなるか、エラーとなるか。スコアボードが注目されたが、結果はヒット。これには球場のファンから一斉にブーイングが起きた。また中継で試合を見守っていたファンの間では「どう見てもエラーだろ」「内野安打でも仕方ない気もする」「これはブーイング」「エラーだろ!チャレンジしろ!」「ヒットの判定に大ブーイング」「ノーノー自滅www」と賛否両論が飛び交っていた。

 なお、後日になって記録が訂正される可能性もあったことから、レイは8回も続投。ただ先頭のラガレスに三塁打を許し完全にノーヒットノーランの可能性が消滅、続くベラスケスにも二塁打を浴びて完封もなくなったところで降板した。それでもファンからは記録達成を予感させる好投に、大歓声が沸き起こっていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】これが内野安打?球場から大ブーイングが起きた微妙なプレー
【動画】これが内野安打?球場から大ブーイングが起きた微妙なプレー
【動画】太い腕を見せつけるレンヒーフォ
【動画】太い腕を見せつけるレンヒーフォ
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW