大谷翔平、劇的同点3ラン 完璧すぎる一発に仲間の走者が二塁上で“確信バンザイ”「何だこの勝負強さ」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス11-12ロイヤルズ(6月21日・日本時間22日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場、4打数3安打2本塁打、犠牲フライも2つ放ちキャリアハイとなる8打点と大暴れした。14号、15号と2本のホームランはいずれも打った瞬間に入るとわかる完璧な当たりだったが、特に3点を追う9回に放った同点15号3ランは、球場のファンたちが瞬間的に立ち上がり、大歓声を送ったことで球場が揺れるほど。大谷自身も打席内で打球の行方をゆっくりと見守るほどだったが、誰よりも早いと思われるほど、バンザイで同点弾を喜んでいたのは、なんと二塁ベース上にいたチームメイトだった。

【動画】大谷翔平の特大弾にすぐさまバンザイするウェイド

 同じメジャーリーガーゆえに、バットに当たり、ボールが弾けた瞬間にわかったこともあるだろう。3点を追う9回、バントヒットで出塁していた俊足ウェイドは、2番トラウトの四球もあり、二塁に進んでいた。投手と打者、どちらも見やすい位置にいたウェイドだが、ここでは三盗を狙うことをせず、6回に3ランを放っていた大谷の一発に期待するように、それほど大きなリードも取らずに、そのバッティングを見守っていた。

 固め打ちには定評がある大谷は、カウント2-2から相手のクローザー・バーローの緩いカーブを引き付けてフルスイング。すると打球は速度113.5マイル(182.7キロ)、角度32度という完璧な数値を叩き出し、ライト上空に一直線。そのまま飛距離438フィート(133.5メートル)という特大弾となり、球場のボルテージも最高潮に達した。

 このホームランを本人と同時ぐらいのスピードで確信したのが、二塁にいたウェイドだ。真ん中近くに入っていくカーブを、大谷のスイングが捉えた瞬間を見届けると、舞い上がった打球の方を見ながらその場でバンザイ。もはや走る必要がないとばかりにその場で喜ぶと、その後はゆっくりとダイヤモンドを1周、ホーム付近でヒーロー大谷を出迎えてタッチした。

 大谷の完璧すぎるホームランだからこそ生まれた珍しいシーンに視聴者からは「バンザイしてたウェイド」「何だこの勝負づよさ」「みんな口あんぐりしてる」といった感想が寄せられることに。大谷の大活躍がありながらも、チームは延長戦で試合を落とし連敗。明日は大谷が今季12試合目の投打二刀流として先発登板する予定だが、今度こそチームメイトとともに勝利のバンザイがしたいところだ。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW
【動画】大谷翔平、豪快14号と今季一の“ドヤ顔”