大谷翔平、同点15号3ラン直後にベンチで見せた“ウインク”に悶絶の声 「破壊力よ」「カッコ良すぎて惚れました」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス11-12ロイヤルズ(21日・日本時間22日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。9回裏の土壇場で3点差を追いつくこの日2本目の3ランを放つと、本拠地・アナハイムには大歓声が巻き起こった。さらに、その直後にベンチで見せた“ウインク”に、ファンからは悶絶の声が上がっている。

【映像】大谷の同点15号3ラン ベンチで“ウインク”も

 この試合はロイヤルズ相手に何度もリードを許す展開。1-6で迎えた6回裏の大谷の第3打席、無死一、二塁の場面で、相手先発・ヒースリーがカウント2-2から投じた6球目の直球を振り抜くと、打球は一直線にセンターやや右のファンが待つスタンドへ。8試合ぶりに出た、打った瞬間にそれとわかる今季14号に、球場は大歓声に包まれる。

 大谷の3ランで4-6とすると、勢いづいたチームはその回に6番・スタッシのヒットで1点を追加。直後の7回表にはロイヤルズに1点を与えるも、その裏に大谷の犠牲フライ、4番・ウォルシュのスリーベースタイムリーで同点とし、試合を振り出しに戻す。

 中継ぎのループ、ハーゲットが踏ん張れず7-10で迎えた、9回裏のエンゼルスの攻撃。先頭の9番・ウェイドがセーフティバントで出塁すると、1番・ウォードが三振、2番・トラウトが四球で出塁し、1死一、二塁で打席には大谷。ロイヤルズのクローザー・バーロウは変化球で組み立てるが、大谷は甘く入ったボールを逃さなかった。カウント2-2からの5球目、やや内よりのカーブを強振すると、大谷自身も“直立”で見送る打球がライトスタンドへ。打球速度113.5マイル(182.7キロ)、打球角度32度、飛距離438フィート(133.5メートル)の完璧弾だった。

 最高の「ショータイム」に球場は総立ちで、中継カメラも振動で揺れるほど。また、この日2本の3ランを放った大谷も感情を爆発させ、ベンチではチームメイトと歓喜のハイタッチを交わした。さらに、SNS上のファンはその直後の大谷の仕草に注目。惜しくも三振に倒れたウォードへ向けてか、大谷が一瞬左目を閉じる“ウインク”を披露すると、「ウインクしたよね!?」「大谷さんのウインクの破壊力よ」「鳥肌立ってるとこにウインクきた」「カッコ良すぎて惚れました」「大谷さんのウインク!!カッコイイとしか思えない!!」といった悶絶の声があがった。

 なお、試合はランナーを二塁に置いて始めるタイブレークへ突入し、延長11回、エンゼルスの6番手・キハーダが連打を許し、10-12に。その裏、エンゼルスも無死一、三塁のチャンスを作り、大谷の犠牲フライで1点を返したが、もう1歩が及ばず僅差で敗れた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW