大谷翔平、起死回生の特大3ランで「確信歩き」超える「確信立ち」爆誕!「時が止まった!」「映画かこれ」の声も
【映像】大谷翔平、この日2本目の3ランは9回同点アーチ »

【MLB】エンゼルス11-12ロイヤルズ(6月21日・日本時間22日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したロイヤルズ戦で、3点を追う9回にこの日2本目となる特大の15号3ランを放った。大谷は打った瞬間、ホームランを確信して打席に立ったまま打球の行方を見守った。大谷の「確信歩き」ならぬ「確信立ち」が誕生した瞬間だった。

【映像】何度でも見たい この日2本目の起死回生3ラン

 7-10とエンゼルスが3点ビハインドで迎えた9回、ウェードのヒットとトラウトの四球で1死一、二塁として大谷にこの日5回目の打席が回った。6回に追撃の14号3ランを打ったときとほぼ同じような状況で打席に立った大谷に、ファンの誰もがホームランを期待していただろう。その期待に見事応え、大谷はロイヤルズのクローザー、バーローから特大の15号3ランを放った。

 打った瞬間ホームランとわかる当たりを放つと、大谷はしばしばゆっくりとベースを回り始める「確信歩き」をし、それが大谷の魅力ともなっている。これ以上ないシチュエーションで飛び出した、これ以上ない1発に、大谷は歩くことさえしない「確信立ち」を披露。打球の行方を見つめるその姿に、球場のファンや視聴者が酔いしれた。

 ABEMAの実況も「今シーズン一番のショータイムかもしれません!」と興奮気味に伝えると、視聴者からも「カッコよすぎ」「確信レベル100」「歩く事すらしなかった」「時が止まった!」「打ったあとの姿勢キレイ!」「絵になるわぁ」「確信立ちかっけえええ」「映画かこれ」など確信立ちに見惚れるコメントが殺到した。

 大谷が2本の3ラン含む8打点の活躍を見せるも、試合は延長の末ロイヤルズが11回に2点を勝ち越し、エンゼルスは敗戦。これで2連敗となった。大谷は明日、自らの投球で連敗を止めるべく投打二刀流での先発マウンドに上がる。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷翔平、この日2本目の3ランは9回起死回生の同点アーチ
【映像】大谷翔平、この日2本目の3ランは9回起死回生の同点アーチ
【映像】大谷翔平1本目、打った瞬間確信歩きの14号3ラン
【映像】大谷翔平1本目、打った瞬間確信歩きの14号3ラン
【映像】大谷、第1打席でセンターへのヒット
【映像】大谷、第1打席でセンターへのヒット
【映像】デトマーズが巧みな足技でアウトにするファインプレー
【映像】デトマーズが巧みな足技でアウトにするファインプレー
【映像】マーシュ 守備で魅せるナイスキャッチなファインプレー
【映像】マーシュ 守備で魅せるナイスキャッチなファインプレー
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW
【映像】マーシュ 守備で魅せるナイスキャッチなファインプレー