大谷翔平、驚愕の1試合2発 土壇場の同点3ランに実況アナも「ゲーム振り出しぃ!」と声が裏返る ファンは「MVP」の大合唱
番組をみる »

【MLB】エンゼルス11-12ロイヤルズ(6月21日・日本時間22日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、6回の第3打席に8試合ぶりとなる14号3ラン、9回の第5打席には一時同点となる15号3ランを放った。1試合2発だけでも驚くべきことだが、2本の犠牲フライも放ち、4打数3安打8打点という大暴れ。球場のファンからも、最終第6打席を迎えた際には「MVP!MVP!」の大合唱となった。この試合、一番のハイライトとなったのは、なんといっても9回の同点3ラン。あまりにドラマチック、かつ衝撃的な出来事に実況アナが思わず「ゲーム振り出しぃ!」と声が裏返る事態まで起きた。

【動画】思わず実況の声も裏返るほど劇的な大谷翔平の同点弾

 落ち着いた口調で的確に試合の状況を伝えていたアナウンサーをもってしても、大谷の特大弾の前には無力になってしまったかもしれない。この試合を中継していたABEMAで、実況を担当していたのは槇嶋範彦アナウンサー。試合開始直後から状況を的確に伝えつつ、解説者にもコメントを求め、実にスムーズに中継を進めていた。6回に飛び出した追撃の14号3ランの際にも、ホームランらしくテンションを高めつつ「ホームランを確信!飛び込んで行きました。苦しい状況を打開するのはやはり大谷翔平でした」と実況。大谷本人の表情とシンクロするように、反撃はまだこれからといった勢いをつけるものだった。

 ところが舞台が整いすぎるほど整った9回の場面では、そうはいかなかった。カウント2-2からカーブを捉えた瞬間、打席内で「確信立ち」しながら打球の行方を見守るほどの完璧な当たりとなった15号3ラン。「打ったー!飛距離は十分だ!飛び込むー!抑えのバーローからものの見事に運んで行きました」と熱く伝えていたが、大谷がホームに生還する直前に「ゲーム振り出しぃ!」と、最後の「し」の部分で声が裏返ってしまった。

 なお、解説を務めていた紀田彰一氏は「すごい試合…」「いやー、すごいですね」「圧巻ですね」「いやー、すごい」と表現する言葉ないといった様子だった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW
【動画】大谷翔平、豪快14号と今季一の“ドヤ顔”