「入ってないって!」大谷翔平、ストライク判定に悲しげな表情見せる 視聴者も「ストライクゾーンどこ?笑」
【映像】大谷、見極めたはずのボールをストライクと判定され「No!」 »

【MLB】エンゼルス5-0ロイヤルズ(6月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場したロイヤルズ戦の第4打席、見極めたはずの内角ボールをストライクと判定され思わず手を伸ばしながら球審に異を唱える一幕があった。

【映像】大谷、見極めたはずのボールをストライクと判定され「No!」

 1-0とエンゼルスが1点をリードして迎えた7回、四球のベラスケスを一塁に置き大谷が4度目の打席に入った。大谷はこの回からマウンドにあがったロイヤルズの3番手ギャレットに対しカウント3-2まで粘ると、内角に来た変化球にバットを止め見極める。しかし球審はストライクをコールし、大谷は見逃し三振となった。

 この判定に大谷は「それはないよ」とばかりに手を振りアピール。当然、判定が覆ることなく、大谷は納得がいかないまま悲しげな表情でベンチに帰った。

 確かに際どいボールではあったが、わずかに外れているように見える投球にABEMAの視聴者からも「これはないわあああ」「どこがストライク…これは審判ダメだよ」「ボール2個分」「ストライクゾーンどこ?」「フレームに全然入ってない」「流石に今のはひどい」「振ってないし入ってない!!!!!」など、判定に苦言と呈する声や大谷を擁護する声が多く上がった。

 大谷は三振に倒れたものの、続くレンヒーフォとマッキノンがヒットを放ち、エンゼルスはこの回貴重な2点を追加。結局エンゼルスが5-0で勝利した。微妙な判定が勝敗に直結せずに済んだ場面となった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷がエグい変化球で打者を翻弄
【映像】大谷がエグい変化球で打者を翻弄
【映像】投手大谷、ダブルプレーに吠える
【映像】投手大谷、ダブルプレーに吠える
【映像】大谷、2回を三者三振
【映像】大谷、2回を三者三振
【映像】大谷、ドジャーから三振奪ったスライダー
【映像】大谷、ドジャーから三振奪ったスライダー
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW