逆に才能あり!?イケメン2.5次元俳優・鮎川太陽の衝撃的画力に視聴者「異次元」「画伯w」
番組をみる »

 その個性的な絵に視聴者が大ウケした。6月25日、「ABEMA BOATRACE CRUISE『六本木フレンドパーク』」に生出演した2.5次元俳優の鮎川太陽は、事務所の後輩である安部瞬と共にボートレース予想や各種ミニゲームに挑戦。「レバーじゃなくてペンを握れ!」と題した、MCのココリコ遠藤章造が出したお題を10秒で描き、それを視聴者が3択から当てるというミニゲームでは、立候補した安部がすらすらとフリップに絵を描き上げた。

【動画】鮎川太陽の“謎な”ソフトクリームの絵

 「めちゃくちゃうまいな」。これに遠藤が感心すると、視聴者からも「お上手」「うまい」などと高評価。9割近い視聴者が正解の「ソフトクリーム」を選択し、スタジオは大いに盛り上がった。一方、「絵は自信ないんですか?」と質問された鮎川は、「美術の成績は5だったんですよ」と回答したものの、実は「(絵は)クラスで一番上手い奴に描かせてました」とも告白。視聴者が「まさかのwww」「不良だ!」「マジwww」と驚く中で結局、鮎川もペンを握ることになると、たしかに完成した絵は独特なものだった。

 これに遠藤が「ひどいな」と笑うと、鮎川は「でも、ちゃんとスプーンも描いてます」と主張。安部が「スプーンを描くくらいなら、ソフトクリームのディティールをもうちょっと…」とのツッコミを入れると、視聴者からも「異次元ソフトクリーム」「冷静にツッコミされててw」「画伯ww」などと多くの反応が寄せられたが、中には「逆に才能」といったコメントもあった。
(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)

【動画】鮎川太陽の“謎な”ソフトクリームの絵
【動画】鮎川太陽の“謎な”ソフトクリームの絵