大谷翔平の同僚マーシュ、あと少しで“アシストホームラン”も三塁に戻される “間を取った”判定に「塁に戻りマーシュ」「全員が納得で草」
【映像】ホームラン?ツーベース?それとも… »

【MLB】エンゼルス4-3ホワイトソックス(6月27日・日本時間28日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したホワイトソックス戦で、エンゼルスのマーシュが放った大飛球をホワイトソックスの外野手がグラブに当てるも捕球できず、その打球がもう少しでスタンドインというプレーがあった。

【映像】マーシュの当たりはアシストホームラン?それとも…

 エンゼルスは2回、2アウトながら一塁に走者を置いて8番のマーシュが打席に入った。マーシュは2ストライクと追い込まれるも、3球目の変化球を外野に運ぶ。打球はフェンス際まで飛び、これをライトが後退しながら追ったが、ギリギリで追いついたものの捕球できずに打球をグラブで弾いてしまった。弾かれたボールはそのままスタンドの観客に当たり、グラウンドに跳ね返ってきたように見えた。ライトはボールを見失いしばらく周りを見回した後、転がったボールを見つけ内野に返したが、審判は一度スタンドインしたと判断。ホームランの手を回した。

 マーシュは全力疾走していたが、三塁に到達するあたりで審判のホームラン判定を確認。これを見てマーシュはスピードをゆるめ、ゆっくりとホームに向かう。しかし、リプレーを見るとグラブに当たったボールは、外野フェンスの最上部に当たってグラウンドに戻っている。ホワイトソックスは当然審判にチャレンジを要求した。

 これが差し戻しでグラウンドルールダブルになってしまうと、ランナー二、三塁でプレー再開となってしまう。審判のホームラン判定がなければマーシュは三塁まで行けており、1点が入っていた場面。チャレンジの結果を待つ間、ABEMAのコメント欄でも「塁に戻りマーシュ?」「ツーベースは大損やで」「1点は入ってることにしないとおかしいやん」「マーシュかわいそう」といった声が多く寄せられた。

 すると、チャレンジの結果判定はスリーベースヒットに。ボールデッドになっておらずプレーは続いており、ホームラン判定がなければマーシュは三塁に到達していたと判断された格好となった。

 これにはコメント欄にも「インプレーだったからね」「スリーベースでよかった」「1点入ってよかった」「納得です!」「全員が納得で草」「間をとった感じ」「これはナイス判断」といった声が並んでいた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷、バットの先でも打球速度159キロの痛烈ヒット! 
【映像】大谷、バットの先でも打球速度159キロの痛烈ヒット! 
【映像】大谷、自打球で苦悶の表情
【映像】大谷、自打球で苦悶の表情
【映像】マーシュの当たりはアシストホームラン?それとも…
【映像】マーシュの当たりはアシストホームラン?それとも…
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW