大谷翔平、特大17号の直後にベンチで見せた“力こぶポーズ”にマーシュ大爆笑 「いいお顔」「嬉しそう」ファンも歓喜
【映像】大谷の“力こぶポーズ”にマーシュが大爆笑 »

【MLB】エンゼルス-ホワイトソックス(6月28日・日本時間29日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。2死ランナー無しで迎えた3回の第2打席、バックスクリーン左に飛び込む3試合ぶりの17号ソロホームランを豪快に叩き込んだ。その直前には主砲・トラウトが23号ソロを放っており、“トラタニ”のアベック弾に視聴者は興奮。その直後、ベンチでマーシュに向かって大谷が“力こぶポーズ”を披露するとマーシュは大爆笑。その様子に「いいお顔」「嬉しそう」「マーシュかわいい」など歓喜の声が上がった。

【映像】大谷の“力こぶポーズ”にマーシュが大爆笑

 1回の1打席目にライトフェンス直撃のツーベースを放って迎えた大谷の第2打席。この回は9番・ベラスケス、2番・トラウトにそれぞれソロホームランが飛び出しており、いい流れの中で大谷は打席を迎えた。

 対するはホワイトソックス先発、通算136勝の変則右腕・クエト。前打席では81.4マイル(131キロ)のチェンジアップを弾き返した大谷は、クエトが投じた3球目、内寄りの88マイル(約141.6キロ)のカットボール見事にとらえると、107マイル(約172.2キロ)の打球速度で高々と舞い上がったボールはバックスクリーン左に飛び込む420フィート(約128メートル)の特大弾となった。

 ベンチに戻った大谷はいつものカウボーイハットによるセレブレーション。すると、最後に出迎えたマーシュに向かって「どうだい?」と言わんばかりに“渾身の“力こぶポーズ”を披露。これにはマーシュも大きな口を開けて大爆笑を見せた。

 一連の出来事に試合を中継したABEMAの視聴者からは「トラタニきた!」「センターへのキレイなホームラン」「やばすぎ」など興奮の声が殺到。一方で、大谷とマーシュの掛け合いに対しては「いいお顔」「嬉しそう」「マーシュかわいい」など、歓喜の声が多数寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷の“力こぶポーズ”にマーシュが大爆笑
【映像】大谷の“力こぶポーズ”にマーシュが大爆笑
【映像】大谷翔平、128メートルの特大17号ソロ!
【映像】大谷翔平、128メートルの特大17号ソロ!
SPOTV NOW
SPOTV NOW