大谷翔平、17号含む3打数3安打2打点の活躍もチームは大敗 明日7勝目目指し二刀流マウンドへ
番組をみる »

【MLB】エンゼルス4-11ホワイトソックス(6月28日・日本時間29日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、3試合ぶりの1発となる17号ホームランを含む3打数3安打2打点と躍動した。

【映像】大谷、第2打席でセンターへ特大の17号アーチ

 大谷は1回、これまで通算5打数1安打2三振とあまり打てていなかったホワイトソックス先発クエトから右中間フェンス直撃のツーベースを放って出塁する。すると3回の第2打席で、センターの左へ飛び込む飛距離128メートルの17号ホームラン。前の打者のトラウトの1発に続く2者連続ホームランとなった。第3打席は四球を選ぶと、3-10と大量リードを許し迎えた7回の第4打席で、2死二塁からレフトオーバーのタイムリーツーベースを放った。

 試合は5回と7回に5点ずつを失うなど11失点のエンゼルスが4―11と大敗。明日は大谷が自身7勝目をかけ今季13度目の二刀流先発マウンドに上がる。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷、第2打席でセンターへ特大の17号アーチ
【映像】大谷、第4打席はレフトオーバーのツーベース
【映像】大谷、第4打席はレフトオーバーのツーベース
【映像】大谷、第2打席でセンターへ特大の17号アーチ
【映像】大谷、第2打席でセンターへ特大の17号アーチ
【映像】大谷翔平、変則投手からフェンス直撃ツーベース
【映像】大谷翔平、変則投手からフェンス直撃ツーベース
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW