大谷翔平、右に左にセンターにHR含む3本の長打 実況席も「すごい打球音」とあきれるスイングに「量産体制に入ってきた」
【映像】大谷、第4打席はレフトオーバーのツーベース »

【MLB】エンゼルス4-11ホワイトソックス(6月28日・日本時間29日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が、「3番・DH」で先発出場したホワイトソックス戦で3打数3安打の活躍を見せた。ホームラン1本にツーベース2本とバッティング内容も素晴らしく、解説者から「量産体制に入ってきた」とのお墨付きのコメントが飛び出した。

【映像】大谷、高めを叩いてレフトオーバーのツーベース

 大谷は1回、変則投法で知られるホワイトソックス先発クエトから右中間フェンス直撃のツーベースを放って出塁する。トラウトのホームランの直後に回ってきた3回の第2打席では、センターの頭上を越える特大の1発で大谷も続いた。さらに7回の第4打席で、2死二塁から高めのボールを叩くと打球はレフトオーバーのタイムリーツーベースとなった。

 この日2本目となるツーベースヒットにABEMAで実況を務めたDJケチャップ氏も興奮しながら「すごい力!それとすごい打球音!行ったかと思いましたね!大谷のこの調子の良さは本物ですね」と止まらない大谷を称賛。これを受け解説の紀田彰一氏も「もう量産体制に入ってきたのかなという雰囲気がしてますよね」と同調した。

 確かに打球音はグシャっという大谷特有の強烈なもの。視聴者も「おそろしいほど」「エグいな」「完全復調だね」「本物やねショウヘイは」「なんであの当たりであそこまで伸びるんや」「打ち損じであそこまで飛ばすのやばいだろ」など絶賛コメントの嵐だった。

 右に、センターに、左に長打を放った大谷。7勝目を懸けて二刀流マウンドに登る明日の試合に、通算5本目となる投打同時出場での1発を期待するなという方が難しいだろう。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷、第4打席はレフトオーバーのツーベース
【映像】大谷、第4打席はレフトオーバーのツーベース
【映像】大谷、第2打席でセンターへ特大の17号アーチ
【映像】大谷、第2打席でセンターへ特大の17号アーチ
【映像】大谷翔平、変則投手から右中間フェンス直撃ツーベース
【映像】大谷翔平、変則投手から右中間フェンス直撃ツーベース
【映像】またトラウトの頭付近にボールが!トラウトは笑顔見せる
【映像】またトラウトの頭付近にボールが!トラウトは笑顔見せる
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW