大谷翔平、絶品カーブに相手打者は手が出ず足が出る?珍場面「惜しかった」「ええカーブやった」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス4-1ホワイトソックス(6月29日・日本時間30日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場、投手として5回2/3を投げ5安打無失点、毎回の11三振を奪い今季7勝目を挙げた。今季最速タイの101マイル(162.5キロ)、今季最多タイの108球を投げる熱投だったが、この日の大谷を支えたのは多彩な変化球。特にストレートに対して大きな球速差、落差があるカーブが相手打者のタイミングを外しまくり。思わず手の出なかった打者が足を出して見逃す珍盤面が生まれることになった。

【動画】大谷翔平のカーブに手が出ず思わず足が出た相手打者

 状況は4回2死一、二塁。ホワイトソックスの7番ガルシアを迎えた。第1打席では空振り三振を奪っていた相手だが、巧みなバットコントロールを駆使して、フルカウントから3球連続ファウルと粘った。力で押したい大谷だったが、ここは一転して球速を大きく落としたカーブを投じ、インコースぎりぎりを狙った。

 大谷自身、見逃し三振を確信する軌道を辿ったが、判定は惜しくもボール。ガルシアは一瞬バットをピクリとさせたものの、スイングすることはできず、代わりに足を出して何かしらをアピールするような珍場面が生まれることになった。

 これには中継を見ていた視聴者からも「上手いこと抜いたのに」「振れなかったよ」「素晴らしいバッターだった」など、絶妙なカーブを投げた大谷と、粘りに粘った末にボールを見極めたガルシア、両方を称える声が集まっていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平のカーブに手が出ず思わず足が出た相手打者
【動画】大谷翔平のカーブに手が出ず思わず足が出た相手打者
【動画】大谷翔平は微妙なボールの判定に「くー!」
【動画】大谷翔平は微妙なボールの判定に「くー!」
【動画】大谷翔平、怒りの雄叫びフルスイング
【動画】大谷翔平、怒りの雄叫びフルスイング