大谷翔平が「んっ?」 今季7勝目もカーブが曲がりすぎて“キョトン顔” 「落差すごい」「江川みたいなカーブ」視聴者騒然
【映像】大谷が「キョトン顔」を浮かべた落差の大きいカーブ »

【MLB】エンゼルス4-1ホワイトソックス(6月29日・日本時間30日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場。今季13度目となる二刀流マウンドで6回途中、今季最多タイとなる108球を投げ、11奪三振無失点の快投を披露して7勝目を挙げた。3回のマウンドで2番・モンカダからこの日6個目となる三振を奪った打席では、スローカーブが曲がりすぎてベース手前で大きくワンバウンド。捕手・スタッシも捕球できずにボールは転々。曲がりすぎた自らのカーブに「んっ?」とキョトン顔を浮かべる場面も見られ、視聴者から「落差すごい」「江川みたいなカーブ」など驚きの声が上がった。

【映像】大谷が「キョトン顔」を浮かべた落差の大きいカーブ

 3回表、2死ランナー無しで迎えたのはモンカダ。初回、無死ランナーが一塁で迎えた1度目の対戦では、空振り三振を奪った大谷に軍配が上がっている。

 1-1から大谷が投じた3球目は76.4マイル(約130キロ)のスローカーブ。これが大きくタテに割れてベース手前でワンバウンドすると、スタッシも捕球できずにバックネットへ。次の瞬間、大谷はバックネットに当たって転々とするボールをのぞき込むように「んっ?」「あれっ?」といった様子でキョトン顔を浮かべた。

 その後、初回から11個の奪三振ショー、さらに今季101奪三振を記録するなど今季7勝目を手にした大谷。この日は今季自己最速タイとなる101マイル(約162.5キロ)、連続無失点も自己最長の22イニングまで伸ばしたが、この試合の最速とおよそ32キロの緩急をつけたカーブの曲がりに対して、試合を中継したABEMAの視聴者からは「落差すごい」「江川みたいなカーブ」「曲がりえぐすぎる」など驚嘆の声が殺到した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷が「キョトン顔」を浮かべた落差の大きいカーブ
【映像】大谷が「キョトン顔」を浮かべた落差の大きいカーブ
大谷翔平、圧巻“11奪三振”ショーを予感させた初回の“えぐすぎ”スプリット 空振り三振の打者が片ヒザついてスイングに「凄い落差w」
大谷翔平、圧巻“11奪三振”ショーを予感させた初回の“えぐすぎ”スプリット 空振り三振の打者が片ヒザついてスイングに「凄い落差w」
SPOTV NOW
SPOTV NOW