満塁のピンチもギアアップで三振斬り!大谷翔平、気迫の雄叫び&渾身のガッツポーズに「吠えた!」「オラ谷や!!」「さすがエース」
【映像】大谷、この日最大のピンチを三振で切り抜け雄叫びをあげる »

【MLB】エンゼルス4-1ホワイトソックス(6月29日・日本時間30日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場。4回に迎えた満塁のピンチで、大谷は勝負の分かれ目となったと言える三振を奪い、気迫の雄叫びを上げた。

【映像】大谷、この日最大のピンチを三振で切り抜け雄叫びをあげる

 2-0とエンゼルスがリードして迎えた4回、大谷はいきなり2連打を浴び無死一、二塁とされた。続くシーツをセンターフライ、ポラックを空振り三振に仕留め2アウトとすると、ガルシアに対してはギアを1段階上げ今季最速タイとなる101マイル(162.5キロ)のボールを投げ込む。結局ガルシアには粘られて四球を与えてしまい、2死満塁とこの日最大のピンチの場面となったが、大谷は動じない。ハリソンに対し100マイル(161キロ)の速球などで追い込むと、最後は渾身のスライダーを投げ込み空振り三振を奪った。

 自らの手でピンチを切り抜けた大谷は、雄叫びをあげてガッツポーズ。何度も力強く拳を握る姿が映し出されると、視聴者からも「吠えた」「オラ谷や!!」「めっちゃ吠えてるー!」と大喜び。絶体絶命の局面を力でねじ伏せた大谷に「しびれる」「よく耐えた!!!」「さすがエース」「まじかっけーわ」「これはマジでデカい」など、絶賛の声が殺到した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷、この日最大のピンチを三振で切り抜け雄叫びをあげる
【映像】大谷、この日最大のピンチを三振で切り抜け雄叫びをあげる
【映像】大谷、第2打席で“豪快弾未遂”の爆速ファール
【映像】大谷、第2打席で“豪快弾未遂”の爆速ファール
【映像】トラウトが大谷を援護する弾丸タイムリーツーベース
【映像】トラウトが大谷を援護する弾丸タイムリーツーベース
【映像】大谷、初回のピンチで三振奪い吠える
【映像】大谷、初回のピンチで三振奪い吠える
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW