「え、おれに投げるの?」大谷翔平の同僚、トリックプレーに引っかかる「やっちまった」な顔にファンも爆笑「だめだ好きになっちゃう」
番組をみる »

【MLB】アストロズ4-2エンゼルス(7月3日・日本時間4日/ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、ヒットを打って出塁したエンゼルスのウォードがアストロズの抜け目ないプレーに引っかかり、一塁塁上でアウトになる場面があった。アストロズのチャレンジでリプレー検証を待つ間、完全に「やっちゃったかも」という表情でスクリーンを見るウォードの表情に視聴者だけでなく実況や解説まで思わず笑ってしまう一幕があった。

【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード

 エンゼルスは5回、2死走者なしからこの日4番に入ったウォードがライトへヒットを放ち出塁する。ウォードは一塁を回ったところでストップし、ゆっくり一塁に戻る通常通りのプレーをしていたが、ライトからの返球をセカンドがファーストに送ると、なんとウォードがタッチアウトとなってしまった。実は一塁でボールを受けたのはキャッチャーのマルドナード。ウォードはボールから目を切っておらず、なおかつファーストが一塁ベースから離れたところにいるのが視界に入っていた。しかしマルドナードが一塁カバーに入っていたのには気づいていなかったようで、セカンドからの送球に「俺?俺に投げるの?」というような表情を見せ笑いながら帰塁したところ、ボールを受けたマルドナードにタッチされチャレンジの末アウトとなった。

 映像を確認している間、ウォードは一塁塁上でスクリーンを見ながら待つしかない。しかし本人としては「やっちまった」という自覚があったのだろう。その表情は不安を通り越し、「お願い、見逃して」とでも言いたげ。現地の中継でウォードの顔が大映しされると、解説のAKI猪瀬は「やべえなって顔してますね。頼む神様って顔してますもん」と笑いながら話し、実況も「この表情。何か隠してるときの表情ですよね」と吹き出してしまった。

 ABEMAのコメント欄でも「ウォードの顔wwww」「顔wwww笑ってしまう」「ウォードww」「泣きそうやんw」「なんていい顔するんだ」「子ども顔w」「可愛い」「うそつけない男」「めっちゃおもろい顔」「声出してワロタ」といった声が殺到。マルドナードの狡猾さに引っかかり、一塁コーチャーとの連携もできていない怠慢プレーといえるプレーではあったが、ウォードの顔に「だめだウォード好きになっちゃう」と好意的な書き込みが多く上がった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード
【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード
【映像】同僚のホームランにニコニコ笑顔の大谷翔平
【映像】同僚のホームランにニコニコ笑顔の大谷翔平
【映像】大谷翔平、技ありのタイムリー
【映像】大谷翔平、技ありのタイムリー
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW