「大谷はっや!」vs「肩つえー」 大谷翔平、今季9個目の盗塁はゴールドグラブ賞捕手も呆れる完璧スチール
【映像】大谷、今季9個目の盗塁を決めたスピード »

【MLB】マーリンズ2-1エンゼルス(7月5日・日本時間6日/マイアミ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、7回に今季9個目となる盗塁に成功した。昨年ゴールドグラブ賞を受賞しているキャッチャー、スターリングズも強肩ぶりを発揮したが、タイミングは完全にセーフ。スターリングズは呆然とスクリーンのリプレーを眺めていた。

【映像】大谷、今季9個目の盗塁を決めたスピード

 0-2とエンゼルス2点ビハインドで迎えた7回、無死でヒットのトラウトを一塁におき大谷が打席を迎えた。大谷は2-2からのシンカーを打ってピッチャーゴロに倒れたが、二塁封殺の間に大谷が一塁に残った。状況的に盗塁を狙っていい場面で、大谷はウォードの2球目で完璧なスタートを切る。キャッチャーのスターリングズも素早く二塁に送球したが、大谷のスピードが勝り盗塁を成功させた。

 この盗塁にABEMAで解説を務めた福島良一氏も「久しぶりの盗塁ですね。去年のゴールデングラブ賞のスターリングズからの盗塁は価値ありです」と称賛。そのスターリングズは、若干送球が高かったとはいえ悠々セーフとなった大谷の盗塁のリプレー映像をじっと見つめていた。

 ABEMAのコメント欄では、エンゼルスの反撃を期待するファンから「よっしゃーーー」「キタ───────────」「ナイスぅー」と興奮のコメントが上がったほか、大谷のスピードに「はっや」「さす谷」「余裕でセーフ!」「これがあるからな翔平さんは」などの声が寄せられた。一方、強肩を見せたスターリングズにも「肩つえー」「あれで際どいって肩強いな」と称賛コメントが見られた。

 大谷はこの後ウォードの外野フライで三塁まで進むが、後続が続かずエンゼルスは無得点。結局試合は1-2でエンゼルスが敗れ、4連敗となっている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】マーリンズ・ガルシアが抗議→退場になった低めの判定
【映像】マーリンズ・ガルシアが抗議→退場になった低めの判定
【映像】最強右腕アルカンタラが大谷相手に圧巻ピッチング
【映像】最強右腕アルカンタラが大谷相手に圧巻ピッチング
【映像】ナイスキャッチ!トラウトのファインプレー
【映像】ナイスキャッチ!トラウトのファインプレー
【映像】大谷、今季9個目の盗塁は完璧なタイミング
【映像】大谷、今季9個目の盗塁は完璧なタイミング
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW