初見では無理すぎる!大谷翔平、最高級スライダーに代打が全然違うところをフルスイング「代打じゃ当たらん」「そりゃ振るよね」と同情の声も
番組をみる »

【MLB】マーリンズ2-5エンゼルス(7月6日・日本時間7日/マイアミ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場し、投手として7回を投げ2安打1失点(自責0)、10三振を奪って今季8勝目を挙げた。チームの連敗を「4」で止める好投で、自身も5連勝。3試合連続の2ケタ奪三振をマークし、防御率も2.44まで向上、今季の奪三振数も111個まで増え、メジャー全体でも8位にランクインするほどだ。この試合、最後の打者からも決め球の1つであるスライダーで三振を奪ったが、相手打者は代打で登場したフォーテス。最後の力を振り絞って全力で投げてきた大谷のスライダーに、まるで軌道とは違うところをフルスイングしてしまい、ファンから「代打じゃ当たらん」と初見では無理だというコメントまで寄せられることになった。

【映像】大谷のスライダーにまるで違うところを振る打者

 初回から100マイル(161キロ)超のストレート、大きく横に曲がるスライダー、落差の鋭いスプリットを使いこなした大谷は、1回こそ味方のエラーをきっかけに1点を失い、連続イニング無失点が途絶えたが、慌てることなく投球を組み立てると、3回から降板した7回まではヒット1本も許さない快投。終盤には球速を抑えたカーブを織り交ぜるクレバーな配球も功を奏し、マーリンズ打線を手玉に取った。

 ラストイニングとなった7回は、さすがに疲労の色も見え始めた大谷だったが、2つの四球こそ出しつつ踏ん張ると2死一、二塁の場面で代打のフォーテスと相対した。大谷自身もラストバッターだと確信するように気合を入れ直すと、初球から思い切り曲げるブーメランのようなスライダーを投げ込んだ。これだけ曲がるスライダーはメジャーの中でもそうはいない。1球目、2球目とスライダーが続くが、フォーテスのバットは軌道と全く異なるところをスイングして空振り。最後の3球目もスライダーだったが、またしても見当違いなところを振ることになり、空振り三振に終わった。

 役者が違うとばかりにねじ伏せた大谷は渾身のガッツポーズと雄叫びをあげ、ファンも「最高かよ」「吠えたねー!」と称える一方、代打でいきなり大谷の“キレキレスライダー”と対戦することになったフォーテスには「代打でこのスライダー打てんやろ」と思わず同情の声も寄せられていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷のスライダーにまるで違うところを振る打者
【映像】大谷のスライダーにまるで違うところを振る打者
【映像】打者も唖然とした大谷の極上カーブ
【映像】打者も唖然とした大谷の極上カーブ
【映像】大谷翔平の技ありタイムリーに仲間もピース
【映像】大谷翔平の技ありタイムリーに仲間もピース
【映像】初回から160キロ超を投げ込む大谷翔平
【映像】初回から160キロ超を投げ込む大谷翔平
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW