大谷翔平が投じた“まさか”のカーブが見る者の感情も揺さぶる!? 絶妙すぎる投球に実況「すごい」を通り越して「エモい!」連発
【映像】大谷のまさかのカーブが“エモすぎる” »

【MLB】マーリンズ2-5エンゼルス(7月6日・日本時間7日/マイアミ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場。7回100球を投げ被安打2、失点1(自責点0)、10奪三振の好投で8勝目を挙げた。これで自身5連勝とするとともに、前回登板で自身が勝って以来勝利がなかったチームの連敗も4で止めた。この試合、1回にエラー絡みで1点は失ったものの2回以降は圧巻の投球を見せた大谷が、6回のマウンドでクーパーから見逃し三振を奪ったカーブが「誰も予想できなかった」と話題になった。

【映像】大谷のまさかのカーブが“エモすぎる”

 3-1とエンゼルスリードで迎えた6回、マーリンズの攻撃で大谷は早々に1アウトを取ると続く打席に一発を警戒しなければならない打者クーパーを迎えた。大谷は3、4、5回とマーリンズ打線を三者凡退で退け、さらに3イニング連続で空振り三振を2つ奪うという圧巻の投球を見せている。クーパーに対しても大谷は100マイル(約161キロ)の速球に切れ味鋭いスライダー、鋭く落ちるスプリットと多彩な球種を見せると、フルカウントから決め球に選んだのはカーブだった。この日好調だった横振りのスライダーとは全く違う、縦に大きく変化するボールにクーパーは全く反応できず、見逃し三振。完敗を認めたようにベンチに帰っていった。

 ABEMAで実況を務めたDJケチャップ氏はこの打席中、現地アメリカの中継で実況が大谷に「スゴイ」という形容を多用していることを紹介しつつ、「実際すごいとしか言いようがないので、それもわかる」と話していた。続けて、「ただのすごいじゃなくて、大谷の試合は気持ちが動かされるから、エモいがいいですね」と言ったところで、大谷が絶妙なカーブで三振を取った。これには「うわー、最後カーブですよ!何このピッチングの上手さ…エモい!」と「エモい」を連発。解説の紀田彰一氏も「決め球にカーブをもってくるのは想像してなかったですね」と脱帽した。

 大谷の“まさか”のカーブに、視聴者からも「ここでカーブは頭にないって」「すごすぎて笑える」「何だこれは」「エグい」「最高のピッチャー」といったコメントが殺到。DJケチャップ氏の言葉を受け「泣けてきた」「エモーショナル」「まあこれはエモいかな」と感情を揺さぶられたという声も見られた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷の“浮き上がる”101マイルの剛速球
【映像】大谷の“浮き上がる”101マイルの剛速球
【映像】スーパースター過ぎる! 大谷、満塁から2点タイムリー
【映像】スーパースター過ぎる! 大谷、満塁から2点タイムリー
【映像】大谷のまさかのカーブが“エモすぎる”
【映像】大谷のまさかのカーブが“エモすぎる”
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW