立ち合い不成立で力士が“見つめ合い” 相撲ファン羨望「妙様と見つめ合いたい」「ラブ芽生える」
【映像】立ち合い不成立で見つめ合う力士 »

大相撲七月場所>◇二日目◇11日◇愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

 前頭十四枚目・妙義龍(境川)と前頭十三枚目・千代翔馬(九重)の一番で、立ち合い不成立となった際に互いに見つめ合う一幕があった。このシーンにファンからは「一瞬見つめ合った」「ラブ芽生える」といった声が寄せられた。

【映像】立ち合い不成立で見つめ合う力士

 1度目の立ち合いでつっかけてしまった千代翔馬は、勢い余って妙義龍のもとへと前進。その際、直立して向かい合った両者が至近距離で見つめ合うような格好となっていた。

 2度目の立ち合いは成立し、正面からぶつかり合った両者。右を差して出ていく妙義龍に対し、千代翔馬は落ち着いて対応。最後は素早く下がって引き落としを決めた千代翔馬が初日から2連勝となる白星を挙げた。妙義龍は1敗目を喫した。

 引いて勝負を決めた千代翔馬の相撲に、ABEMAで解説を務めた元小結の臥牙丸は「千代翔馬関は足も速いから、動くのも早い」と一言。続けて「妙義龍関は右を差すのが上手い、でも左が引っかからなかったから、なかなか前に追いつかなかったんですね」と分析した。

 立ち合い不成立となった際の見つめ合うようなシーンを受けて、視聴者からは「一瞬見つめ合った」「妙様と見つめ合いたい」「ラブ芽生える」といった声が続々と寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】立ち合い不成立で見つめ合う力士
【映像】立ち合い不成立で見つめ合う力士
【映像】立ち合い不成立で見つめ合う力士