「待った」の瞬間に行司が超高速「まだまだまだまだ」秒速4回の早口シーン
番組をみる »

大相撲七月場所>◇三日目◇12日◇愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

 前頭十四枚目・妙義龍(境川)と前頭十五枚目・阿武咲(阿武松)の一番で、阿武咲がつっかけてしまい立ち合い不成立に。その際、行司が「まだまだまだまだ」と早口で制する一幕があった。

【映像】1秒間に4回も「まだ」の超早口な行司

 立ち合いタイミングが合わず、つっかけてしまった阿武咲。右手を出しながら前進すると、行司を務めた木村秋治郎がすかさず「まだまだまだまだ」と制止。1秒間に実に4回も「まだ」を繰り返す早口で“待った”の声をかけた。ABEMAで実況を務めた田中大貴アナウンサーが「おっと、呼吸が合いません」とコメントすると、阿武咲は対戦相手の妙義龍、および正面審判に一礼して、自身の仕切り線へと戻っていった。

 その後の立ち合いは成立し、頭からぶつかり合った両者。力強く入っていく阿武咲が攻め続け、引いて叩き込もうとする相手をそのまま押し出しで下すと、1勝目となる白星を挙げた。今場所初白星を手にした阿武咲の勝利に、ABEMAで解説を務めた元前頭の若ノ城は「こういう相撲を取れば明日からずっと連勝する可能性もある」と期待を寄せた。敗れた妙義龍は2敗目となる黒星を喫した。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】1秒間に4回も「まだ」の超早口な行司
【映像】1秒間に4回も「まだ」の超早口な行司
【映像】花道に消える照強と残された行司と一山本
【映像】花道に消える照強と残された行司と一山本
【映像】ほぼ同時に転がる両力士
【映像】ほぼ同時に転がる両力士
【映像】土俵際の片足つま先立ちで耐える琴恵光
【映像】土俵際の片足つま先立ちで耐える琴恵光
【映像】ほぼ同時に転がる両力士