藤井聡太王位、20代最初の対局を白星で飾る 豊島将之九段との熱戦制しシリーズは2勝1敗に/将棋・王位戦七番勝負第3局
番組をみる »

 将棋のお〜いお茶杯王位戦七番勝負の第3局が7月21日に行われ、藤井聡太王位(竜王、叡王、王将、棋聖、20)が豊島将之九段(32)に84手で勝利した。この結果でシリーズ成績は2勝1敗。19日に20歳の誕生日を迎えた藤井王位にとって、20代最初の対局を白星で飾る結果となった。第4局は8月15、16日に佐賀県嬉野市の「和多屋別荘」で指される。

【動画】藤井聡太王位、20代最初の対局を白星で飾る

 絶対王者が、ハードスケジュールの疲れを見せない圧倒的な強さを示した。17日には、藤井王位にとって10代最後の対局となった棋聖戦五番勝負第4局で防衛と3連覇を達成。中2日で迎えた本局の間、19日には20歳の誕生日を迎えた。20日に始まった本局は、豊島九段の先手番で戦型は「角換わり」に。ここまでのシリーズ2局でも採用された戦型ながら、細部にわたる駆け引きを経て、解説から「旧・角換わり、ややクラシカルな形」と言われる進行をたどった。終局後、藤井王位は「経験の少ない形になって、序盤から難しい展開になってしまったと思いました」と話した。

 繊細で難解な中盤戦で、ABEMAの「SHOGI AI」はわずかに藤井王位に傾いた。終盤戦の方針を固める大事な局面で、豊島九段が昼食休憩を挟んで3時間3分の大長考の末に角を成った。ABEMAの中継に出演した上村亘五段(35)は、「盤の裏まで読みつくした上での一手。AIの評価は落ちたが、対局者はそう感じていないと思う」、飯島栄治八段(42)は、「藤井王位が、豊島九段に時間を使わせるような形に誘導しているように見える」とコメント。豊島九段は「勝負できる手がわからなかった。角が成らないとしょうがない気がしていた」と話した。

 最終盤には、藤井王位をもってしても「予想していなかった手」とコメントした歩頭に桂を打つ勝負手を放った豊島九段。しかし、金駒を渡してしまうと自玉に詰みが生じてしまう難所で最後の長考ととなる34分を投入も、追い上げならずに投了。豊島九段は「どこでまずくなったかはっきりわからない。仕掛けの応対がまずかったか…」と肩を落とした。危なげなく押し切った藤井王位がシリーズ2勝目を手にし、19日に迎えた20歳の誕生日を白星で飾る結果となった。

 第4局は8月15、16日に予定。藤井王位は「しばらく先になるので、しっかり準備してコンディション整えて臨めればと思います」、豊島九段は「しっかり準備して頑張りたいと思います」と意気込みを語った。約1カ月後の空白期間は双方にとってどのような影響を及ぼすか。一気に防衛に王手をかけたい藤井王位と、4期ぶりの王位奪還に向けて是が非でも追いつきたい豊島九段。真夏の七番勝負からますます目が離せない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】藤井聡太王位、20代最初の対局を白星で飾る
【動画】藤井聡太王位、20代最初の対局を白星で飾る
藤井聡太竜王、最新の対局予定・速報はここでチェック