佐藤康光九段が対局中に大慌て!“チームメイト”のフォローにファン「これは名場面では!?」「先崎先生やさしー!」/将棋・棋王戦本戦T
番組をみる »

 将棋の棋王戦コナミグループ杯挑戦者決定トーナメントが8月5日に行われ、羽生善治九段(51)と佐藤康光九段(52)が対局を行っている。午前10時20分過ぎ、昼食の注文をする場面では、佐藤九段の財布が見つからずに大慌て。たまたま棋譜を見に対局場を訪れていた先崎学九段(52)がフォローを入れる様子に、ファンからは「先崎先生やさしー!」「さすがチームメイトやね」と多くのコメントが寄せられた。

【動画】大慌ての佐藤九段とフォローする先崎九段

 この日は、棋王戦ベスト8進出をかけた大きな一番。佐藤九段は集中した表情で羽生九段と盤を挟んでいた。午前10時20分頃頃、将棋連盟の職員が昼食の注文を聞きに対局室に入室。上座に着いていた羽生九段のオーダーを確認した後に、佐藤九段側へ回った。自分の番になった佐藤九段はカバンをゴソゴソ。しかし一向に財布が出てこない。ポケットやカバンの奥深くまで探るも見つからず、「おかしいな…忘れちゃったかな…」と大慌て。すると、たまたま棋譜を見に特別対局室を訪れていた先崎学九段(52)が、自分の財布から紙幣を出してフォローを入れる様子が見られた。

 佐藤九段と先崎九段は、修行時代から長い時間を共有し、しのぎを削ってきた間柄。さらには、今年の第5回ABEMAトーナメントで佐藤九段が先崎九段をドラフト指名し、チームメイトとして団体戦を戦ったことも記憶に新しい。直後に財布は見つかり無事に注文を終えたが、先崎九段が見せたさりげない優しさに、ファンからは「先ちゃん優しいー!」「これは名場面では!?」「ドキドキしたー」「よかったね」「さすがチームメイト!」「レア映像」「ほっこりだわ」とコメントが多数寄せられていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】大慌ての佐藤九段とフォローする先崎九段
【動画】大慌ての佐藤九段とフォローする先崎九段