大谷翔平、104年ぶり史上2人目の偉業達成! 自身初の10勝でルース以来の「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」 自らも25号弾丸アーチ放つ
【映像】大谷、スプリットで日米通算1000奪三振を達成 »

【MLB】アスレチックス1-5エンゼルス(8月9日・日本時間10日/オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場し、6回無失点の好投で10勝目を挙げ、昨季は惜しくも逃した1918年にベーブ・ルースが記録して以来104年ぶりとなる「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を達成した。打っても25号アーチ含む2安打と圧巻の活躍だった。

【映像】大谷が偉業を自ら援護する爆速25号

 メジャーでは自身初となる10勝目を目前に、3試合足踏みしていた大谷。打者としてこの試合の前まで24本塁打を放っており、1918年にベーブ・ルースが記録して以来104年ぶり、メジャー史上2度目となる「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」達成に向けて今季4度目の挑戦となっていた。この日も大谷は先発投手としてきっちり試合を作る。初回を5球で無失点に抑える上々の立ち上がりを見せると、2回も9球、1奪三振の快投。その後3回、4回は得点圏にランナーを背負うピッチングとなるも無失点で切り抜け、5回にはこの日5つ目の三振を奪い自身キャリアハイとなるシーズン157奪三振を達成した。6回はこの日初めての三者凡退に抑え、91球で被安打4、5奪三振という内容で10勝目を挙げた。

 打っても5回に内野安打を放つと、7回の第4打席でアスレチックス2番手セルマンから25号ソロホームラン。出場5試合ぶりとなる1発は、メジャー通算でイチローの117本を超える日本人単独2位となる118本目のホームランとなった。投打同時出場での1発は6月9日(日本時間10日)以来今季2本目で、キャリア通算では5本目。大谷は3打数2安打の活躍だった。

 この試合含めチーム最多の107試合に出場している大谷は、打者として打率.256、25本塁打、66打点、11盗塁を記録。102安打・25本塁打・66打点はチームトップとなっている。投手としても勝ち頭として10勝7敗、防御率2.68、157奪三振の成績。この試合で規定投球回数にも到達し、奪三振率12.73はメジャートップに躍り出た。今季も異次元の活躍を見せている大谷にとって、「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」の大偉業も単なる通過点に過ぎないのかもしれない。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【映像】大谷を救ったフレッチャーの神タッチ
【映像】大谷が偉業を自ら援護する爆速25号
【映像】大谷が偉業を自ら援護する爆速25号
【映像】強烈なピッチャー返しが大谷の足を直撃
【映像】強烈なピッチャー返しが大谷の足を直撃
【映像】大谷、スプリットで日米通算1000奪三振を達成
【映像】大谷、スプリットで日米通算1000奪三振を達成
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW