大谷翔平、自らお手上げの“バット投げ”完全ボール球に空振り三振 ファンも困惑「あそこ振るかー」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス0-4ツインズ(8月12日・日本時間13日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場したこの試合、大谷が“らしからぬ”形で2打席連続三振に倒れ、ファンからも心配の声が寄せられている。

【映像】完全なボール球に大谷翔平は空振り三振

 エンゼルス3点のビハインドで迎えた6回裏・エンゼルスの攻撃、1死一塁の場面で迎えた大谷の第3打席は、初球、ツインズ先発のマーレが投じた外角高めのいっぱいのフォークに手を出して空振り。2球目は真ん中高めのボール球となるストレートを空振りし、あっという間にカウント0-2と追い込まれると、3球目は外角高めへと大きく外れるボール球のストレートを空振りし、大谷らしからぬ3球三振となった。

 大谷は3回に迎えた第2打席でも、真ん中やや外寄りのストレートを見送って三振となるなど、らしからぬ凡退が続くこととなったが、そうした経緯もあってか、大谷は三振となった直後に、まさに“お手上げ”といった様子で打席でバットを投げて回転させる仕草を見せると、どこか不満げな表情でベンチへと引き上げていった。

 こうした大谷の打撃に、解説の川上憲伸氏は「頭の中が整理できる前に勝負させられたっていうんですか。珍しいじゃないですか、あんなとんでもない高めを振るって。」と、コメント。視聴者からも「どうしたん?」「え?それ振る?」「あかんね・・・これは」「打てそうな雰囲気が全くないな」「どうしたんだ?なんでボール球を振るんだ?」「こんな高め振るの珍しいわ」「こゆ日もある」といった様々な反響が寄せられることとなった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】視察に訪れた栗山英樹監督
【映像】完全なボール球に大谷翔平は空振り三振
【映像】完全なボール球に大谷翔平は空振り三振
【映像】大谷翔平、際どいストライクに不満顔
【映像】大谷翔平、際どいストライクに不満顔
【映像】現地視察に訪れた栗山英樹監督
【映像】現地視察に訪れた栗山英樹監督
【映像】仲直りのきっかけ(?)になったアデルの強肩バックホーム
【映像】仲直りのきっかけ(?)になったアデルの強肩バックホーム
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW