正念場で勝つからこそリーダー 広瀬章人八段が力勝負で快勝「リーダーが勝たないと勝ち上がれない」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント2回戦第1試合、チーム永瀬とチーム広瀬の対戦が8月13日に生放送された。チーム永瀬がスコア3-2とリードして迎えた第6局は、リーダー広瀬章人八段(35)が斎藤明日斗五段(24)に快勝、スコアを再び3-3のタイに戻した。

【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 二回戦 第一試合 チーム永瀬 VS チーム広瀬

 広瀬八段の先手番で始まった一局は、斎藤五段が横歩取りを目指したもの広瀬八段が拒否。お互い雁木で囲い合い仕掛けどころを探るような序盤となった。駒がぶつかった後も難解な中盤戦が続いたが、少しずつ抜け出したのはタイトル経験もありフィッシャールールでも強さを誇る広瀬八段。「チームが2連勝してから3連敗。原因を作ってしまったのは私でもあるので、なんとか勝たないといけない」と気合を入れると、少しずつペースを握っていった。序盤は3筋に歩で拠点を作ると、中盤以降は左辺から斎藤を切り崩すことに成功。相手の攻め駒の働きを鈍らせながらじわじわと追い詰める隙のない将棋に終始し、若手実力者を一蹴することとなった。

 負ければカド番を迎える勝負どころで勝利を収めたことにリーダーもほっと一息。対局後のインタビューでは「序盤は相手の誘導する形を避けて力勝負に持ち込んだ。手探りという面もありますし、決断よく指さないといけなかったです。リーダーが勝てないチームは勝ち上がれないと思うので、遅まきながら勝つことができてよかったです」と口も滑らかだった。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 二回戦 第一試合 チーム永瀬 VS チーム広瀬
【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 二回戦 第一試合 チーム永瀬 VS チーム広瀬
【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 二回戦 第一試合 チーム永瀬 VS チーム広瀬